【完全無料・迅速対応】屋根修理の価格、一括見積もり比較「屋根コネクト」
無料24時間対応
地元の業者に一括見積もり依頼
0120-690-287

住宅の気密性を高めるシーリング・コーキング材

住宅の気密性を高めるシーリング・コーキング材


time2015/08/20

住宅の気密性を高めるシーリング・コーキング材

建築物に利用する接着剤のようなものを、シーリング材やコーキング材と呼びます。

目立たない存在ですが、建物の防水性や気密性を高めるために重要なもの。

基本的には外壁やサッシ、ベランダなどで使われるものですが、実は屋根にも使用されているのを知っていますか?
今回は、そんな縁の下の力持ち、シーリング剤に注目してみましょう。

フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しない屋根工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良業者を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

シーリング・コーキング剤とは?

report_29_01img

シーリングとコーキングは本来の意味では違うもののようですが、建築現場では呼び方が統一されてないようで、大きく「建物の隙間を埋める材料」と捉えて問題ないようです。

外壁の屋根の隙間が埋められているのは目にしたことがあるのではないでしょうか?

シーリング材には色々ある

一口でシーリングとはいっても、得意な材質に違いがあります。

種類 施工箇所 特徴
アクリル系 新築のALCのパネル(コンクリート壁材の種類)の目地に使われることが殆ど 硬化するとゴムのような弾性のある素材になります。水性で塗装も可能。
ポリウレタン系 ひび割れや目地の補修がメイン 耐久性では一番です。紫外線による劣化が早いため、屋外で使用する場合は塗装が必須。
シリコン系 内装の水周りやキッチン周り 耐久性・耐水性・耐熱性があります。比較的安価ですが、汚れやすい。塗料が付着しないため、上塗りの必要がある部分には向いていません。
変形シリコン系 外壁や屋根に多く使用されるタイプ シリコン系とほとんど同じで、耐水性や耐熱性が劣る代わりに塗装が可能な素材。
各種屋根材や金属など、ほぼオールマイティーに対応可能。
油性系 室内の窓やドアの枠や、屋上コンクリートの雨漏り補修など 空気と接することにより固まるので、内側の部分は柔らかいままです。建築の目地などには向いていません。
ポリサルファイド系 サッシや大理石、タイル目地、笠木屋上防水シート防水の下地、配管やダクト周りなど 変成シリコンに似ている素材で、ほこりなどは付着しにくい代わりに、塗装には向いていません。

ホームセンターにも売っているので、DIYをすることも可能ですが、このように、使用箇所の向き不向きや上塗りができないなどが種類によって適切な場所への使用が求められるので、やはり専門家に頼むのが間違いないでしょう。

屋根に使われるシーリング(コーキング)

report_29_02img

屋根に使用される場合は、主にスレート屋根などの板金部分です。

屋根材を組み合わせている部分や、釘を打ち付けているなどで隙間ができる以上はこの処理が欠かせません。

スレート屋根の棟を包んでいる板金が浮いてしまわないようにコーキング材で埋めたり、 トタン屋根の継ぎ目を埋めるのに使われたりします。

このほか、スレート材がヒビ割れてしまったときに、新しいものと入れ替える際の補修にも使用されます。

瓦同士をくっつける際に用いられることもあるようですが、浅山(瓦同士が接して膨らんでいる部分)以外も全て埋めてしまうと、空気や水の逃げ場がなくなってしまい下地が劣化してしまうので、注意が必要です。

シーリングの寿命は5~10年

report_29_03img

外壁はもちろんのこと、屋根材でシーリング(コーキング)を使っている部分が経年劣化によって剥がれたりすると、浮いて隙間ができた部分から雨水が入ってしまい、雨漏りの一因になる場合があります。

広範囲に打ちすぎてしまうと、雨水の流れが変わり、新たな雨漏りの原因になってしまうこともあるので、信頼できる業者さんにお願いするのがおすすめです。

シーリングの寿命は、素材にもよりますが5~10年ほどと言われています。

シーリングだけで雨漏りを防いでいる訳ではありませんが、放置してしまうと、シーリングの剥がれや割れから雨水が入ってしまい、屋根の劣化を進めて結果的に雨漏りにつながることにもなるので、定期的にメンテナンスを行うのが雨漏り防止の一つの方法になります。

まとめ

建物の隙間を埋めるのに欠かせないシーリング。

劣化に気付かないままだと、見た目の問題だけではなく雨漏りのような実際的な被害にも繋がってしまいますが、屋根のシーリングの劣化は日常では気付きにくいでしょう。

外壁塗装を行う機会があれば、一緒に屋根の塗装も行うと足場の節約ができたり、屋根の塗装によって漏水も防げます。その際にシーリングに異常があれば一緒に補修も可能かもしれません。

また、外壁にシーリングを使っている部分があれば、その劣化具合を一つの目安とみることもできるでしょう。

自分の家を守るためには、こういった細かい部分にも気を配っておくのもよいのではないでしょうか。


詳細はこちら一覧へ戻る

フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しない屋根工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良業者を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

工事前に知っておきたい!プロが優しく解説「屋根工事大百科」

全国コネクトグループ支店一覧

お住いの地域を選んで、屋根修理・工事の費用、相場を知ろう

全国コネクトグループ支店一覧
【サイトご利用上の注意】
※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。
※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。
※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。
※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。
※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。
※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じてキャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。
(注)当サイトからご紹介の工事店と成約いただいた方には、最大10万円のキャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。 対象の方はキャッシュバック申請フォームから申請ください。申請が確認ができ次第、ギフト券を手配させていただきます。(受付期間:契約から6ヶ月間)
地元の業者に一括見積もり依頼
屋根コネクト
地元の業者に一括見積もり依頼