雨樋を修理しないで放置すると雨漏りに繋がりますので要注意!

雨水から建物を守るものといえば屋根と答える方が多いですが、実は雨樋にも非常に大きな役割があります。

雨樋が壊れると、建物は雨水をスムーズに排水できなくなり、深刻な雨漏り被害につながります。
その被害を最小限に抑えるために、手抜き工事をさせないように、雨樋を修理するときに気になるポイントを徹底解説していきます。

1.雨樋の役割


出典:http://u2sekkei.jp/

雨樋は雨水をスムーズに排水するために欠かせない設備です。
屋根に降った雨水は、軒先の雨樋で受け止められると集水器まで流れていき、最後に竪樋から地面の排水口へと排出されます。もし雨樋がなければ、建物は深刻な被害を受けてしまうことに…。

・雨水は屋根の軒先から軒裏にまわる(=屋根を腐食させる)
・雨水は屋根の軒先から外壁に流れ込む(=壁の内部を腐食させる)
・雨水は屋根の軒先から地面に落ちる(=建物の基礎回りを不安定にする)

このように雨樋は建物の浸水を防ぐという重要な役割があります。

「もし雨樋がなければ」という状況は極端ですが、修理が必要になるほど雨樋が傷んでしまえば、建物の排水が上手くいかずに屋根や外壁が浸水することもあります。

では、雨樋の排水機能が失われてしまうトラブルとは一体どのようなものでしょうか?

2.雨樋修理が必要な状況とその原因


出典:https://riverstone-roofing.com/

雨水から建物を守るためにも雨樋修理は早めの対応が大切です。
「このくらいなら大丈夫」という油断が、思わぬ被害をもらすことも…。
では、修理が必要な雨樋のトラブルとは具体的にどのようなものでしょうか。
3つのポイントに分けて解説していきます。

雨樋のゴミ詰まり


出典:http://www.kouken-home.net/

屋根の上はキレイでも、雨樋を見ると落ち葉などのゴミがたまっていることはよくあります。
近くに大きな木や公園のあるお宅は、ゴミがたまりやすいので注意が必要です。
雨樋の詰まりは見上げるだけでは気づきませんが、たとえば「大雨が降ると雨樋からゴッゴッと異音がする」などの異常は、すでに雨樋が詰まり、排水不良が生じている可能性があります。

状況の解説
屋根には落ち葉に限らず、洗濯バサミ・鳥の巣・ビニール袋・小動物の死骸など、様々なものが飛来します。これらのゴミは屋根から雨水とともに軒先の雨樋に流れこみ、堆積して雨樋を詰まらせます。一番詰まりやすいの箇所は、雨水を下に流す竪樋(たてどい)の入り口にある集水器のあたりです。ここが詰まると、大雨の際に水が噴き出し、屋根材や外壁にかかってしまいます。

原因の解説
雨樋が詰まる原因はゴミの腐食にあります。雨樋にたまった落ち葉などのゴミは水に浸しておくと異臭を放ちながら腐敗し、やがてその表面には白い菌糸(カビ)が付着します。もとは小さなゴミだったものが大きなヘドロの塊となり、排水をせき止めてしまうのです。こうなると雨樋は屋根からすべり落ちる大量の雨水を受け止めきれず、ヘドロの混ざった雨水が跳ね返り、屋根材や外壁を汚して傷めてしまいます。

雨樋の破損


出典:http://hokken.eshizuoka.jp/e1176607.html

雨樋の破損は、雨が降らないとなかなか気づきません。あるいは雨樋の欠落や割れを見つけても、室内に浸水していないのであれば、そのまま放っておく方も多いようです。しかし、いったん雨樋が破損すると建物の排水システムは崩れてしまい、雨のたびに屋根材や外壁が傷んでしまいます。まずは具体的にみてきましょう。

状況の解説
雨樋が割れてしまうと、欠落したところから雨が滝のように流れ落ち、飛沫をあげる雨水は外壁のわずかな隙間でも簡単に入り込みます。数センチの小さな穴でも、激しい雨水の力によって雨樋の亀裂は徐々に深くなり、継ぎ手(雨樋のつなぎ目)が外れたり、集水器がズレたりと被害は拡大する一方です。屋根裏をのぞくと、雨樋が破損したあたりから微かに雨漏りしていた、というケースは決して少なくなりません。

原因の解説
雨樋が破損する主な原因は老朽化ではなく、風災・雪災・豪雨などの自然災害です。具体的には、突風で樹木が折れて雨樋が割れる、屋根に積もった雪がなだれて雨樋が歪むなどのトラブルがよくご相談されます。また築年数の古い家に見られる外吊りの雨樋は強風で吹き飛びやすく、塩化ビニール製の雨樋はガリバリウムなど金属製のものに比べると破折しやすいなど、雨樋のタイプによって被害の状況は左右されます。雨樋修理の際には、自然災害のリスクをできるだけ抑えられる、適切なタイプの雨樋を選ぶことが大切です。

雨樋の勾配不良

雨樋はスムーズに排水するための勾配がつけられており、軒先の横樋で受け止められた雨水が、竪樋のある集水器に向かって流れるように施工されています。集水器が右にあれば雨樋は右下がりに、両側にあればへの字に傾いています。この勾配がきちんと取れていないと排水不良が起きてしまい、雨水は屋根裏や外壁に流れてしまいます。

状況の解説
雨樋の勾配は、10メートルにつき3~5センチ程度の角度が適切です。雨樋はたとえ水平でも排水口の水位の方が低いため、水は自然に流れていきますが、傾斜が少ない場合には雨樋自体のたわみで雨水がたまり流れなくなります。逆に、雨樋の傾斜が大きいと雨水は集水器に勢いよく流れ込み、排水が間に合わずにあふれてしまいます。これは施工ミスというよりも、適切な勾配を維持できていないために生じるトラブルです。

原因の解説
雨樋の勾配が狂ってしまう原因は、支持金具と呼ばれる雨樋を固定するための装置のズレにあります。この金具が歪んでしまうと雨樋の勾配も変化してしまい、本来の排水機能を失ってしまうのです。支持金具には丈夫な素材が使用されていますが、ゲリラ豪雨や台風、すべり雪などの過度な負荷がかかると変形は避けられません。変形した金具は戻してもすぐに歪んでしまうので、新しいものに交換するのが得策です。

3.雨樋修理はどの業者に頼めばいいのか


出典:http://www.kawara-onishi.com/

雨樋の修理は、幅広い業者が対応可能です。
具体的には、瓦の業者・塗装の業者・リフォームの業者・工務店・板金業者が挙げられます。
いずれの業者も施工できるので、業者選びのポイントとしては次の2点になります。

対応のよくない屋根業者に要注意

たとえば、きちんと屋根にのぼって調べていないのに「全部やりかえましょう」とすすめてくる業者は要注意です。もし雨樋の継ぎ手にすきまがあれば、接着剤による応急処置や部分交換で対処できるケースもあります。お客さまのメリットを一番に考えたうえで、最適な修理プランを提案してくれる業者を選ぶことが大切です。

屋根修理も得意な業者に


出典:http://www.nohara-kogyo.com/

また雨樋がかなり傷んでいると雨水がきちんと排水されず、屋根材に染み込んでいるケースも少なくありません。雨樋だけでなく、屋根の修理も必要になることも考えられます。雨樋の修理には足場みが必要になることも多いので、屋根や外壁の修理もあわせて行うことにより、トータルの費用を節約することもできます。「雨樋専門業者」だからといって、最適な修理のプランを提案できるとは限りません。

屋根コネクトは、お客さまのお住いの状況をしっかりヒアリングして、全国の優良業者をご紹介いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください

4.雨樋修理の費用と価格相場


出典:http://www.hiroban.com/

雨樋の修理にかかる費用は、雨樋の材料や施工方法などによって変わりますが、おおよその相場は15万円~30万円です。

雨樋の補修(傾き・破損・曲がり・欠落) 1万円~3万円/箇所
雨樋の清掃 2~3万円
雨樋の全交換(全体) 15万円~30万円

ただし屋根の近くにある雨樋の修理は高所作業なので、足場の設置費が10万円ほど追加でかかることも多いです。さらに一階建ての平屋よりも、アパートなどの大きな建物の方が足場費用は高くなります。

次に雨樋本体の価格をみていきましょう。
雨樋は形状や材質によっていくつかのタイプがあります。もちろん価格も重要ですが、きちんとメリットとデメリットを考慮したうえで選ぶことが大切です。

形状別

●半円型
築20年以上の古い家の雨樋は、ほとんどこの円形型が使われています。
形状がシンプルなので価格も安いです。

●角型
半円型と比べると同じ幅でも排水容量が多いため、大雨で排水が間に合わず雨樋からあふれるリスクを減らすことができます。

●特殊型
積雪の多い地域では、雨樋に雪がたまらないように、また雪かきの際に雨樋を傷めないように特殊な形状をした雨樋が使われます。

素材別

●塩化ビニール
軽くて組み立てが簡単です。広く普及しているのでコストが安いですが、雨や日光で劣化しやすく、破損しやすいというデメリットもあります。

●他の合成樹脂
日光の紫外線劣化を防ぐために特殊な表面加工が施されたものです。耐久性は塩化ビニールよりも高いですが、金属素材と比べると劣ります。

●ガリバリウム
近年かなり注目されている金属素材です。さびにくく耐久性があり、加工もしやすい、価格もほかの金属素材に比べると安いなど、さまざまなメリットがあります。

5.雨樋修理に足場は必要なのか


出典:http://tamareform.blog18.fc2.com/

雨樋修理に足場は必ず必要というわけではなく、ハシゴや脚立だけで対応することもできます。
たとえば、雨樋の清掃や継ぎ手の交換などの部分的な補修であれば、ハシゴをかけたり、脚立2つに板を乗せて足場にするだけで十分です。しかし、四方の雨樋全体を交換するとなれば、やはり足場の設置が不可欠です。
主な理由としては以下の3つが挙げられます。

作業者の安全確保

二階建ての家の雨樋でも、2連・3連のハシゴを使えば届くのはたしかです。 しかし、ハシゴのうえでの作業は安定感がなく、落下する恐れもあります。かなりの高所作業となるので、安全第一で仕事をするためには足場が必要です。

作業効率の向上

天雨樋全体の交換となると勾配を出すために、少しずつ左右への移動が必要です。
その際、ハシゴはいちいち動かさなければならず、作業の効率が悪くなります。足場を設置することにより、スピーディかつ丁寧に雨樋を設置することができます。

近隣への配慮

足場を組むとそのうえに飛散防止のネットを設置することができます。 ネットがあれば、近隣にほこりが飛び散るのを防ぎ、現場から落下した材料によって隣の建物や通行人に危害を加える心配もありません。安心と安全を確保するためにも足場は大切です。

6.雨樋修理が無料に!?火災保険の活用法


出典:http://www.taiyo-tk.com/

火災保険といえば、火災にあった住宅などの建物が対象と思われがちですが、ほかにも風災や雪災による建物の破損も補償対象となります。この「建物」には当然、雨樋も含まれており、保険会社がその修理費用を負担してくれます。ご存じない方は驚かれるかもしれませんが、これは保険加入者の当然の権利です。風災および雪災の補償対象となる雨樋の破損は次のようなものです

風災による雨樋の破損


出典:https://riverstone-roofing.com/

「突風で樹木が折れて雨樋が外れる」「強風にあおられた飛来物により雨樋が割れる」などの事例がよくあります。なお、少し細かくなりますが、保険会社が補償してくれるのは「最大瞬間風速20m/秒以上」の「強い風」が原因となる雨樋の破損です。とはいえこれは台風の半分程度の強さなので、どこにでも吹いています。つまり、あなたのお住いの雨樋の破損も、風災が原因と認められ、負担金0円で修理できる可能性が十分にあります。

雪災による雨樋の破損


出典:http://www.seikougiken.com/

わかりやすい例としては「屋根に積もった雪がすべり落ちたはずみに雨樋が外れたり、歪んでしまったケース」です。
雪災の場合は、落雪などの目に見えるはっきりした原因なのでわかりやすく、保険申請がしやすいといえます。
「おそらく経年劣化だから」と決めつける前に、いちど火災保険の適用についても考えてみてください。
保険を使った工事は、次のようなステップです。

STEP1. 雨樋の不具合を発見したら専門業者に連絡して調べてもらいましょう


出典:http://www.woodlife-core.co.jp/wp/

STEP2.屋根を調査します(専門業者)


出典:http://daitoku5610.com/

STEP3.保険請求書類を作成します(専門業者)

STEP4.保険会社に連絡して書類を提出します(お客さま)


出典:http://savepaint.net/

STEP5.屋根を調査します(保険会社側)


出典:http://www.woodlife-core.co.jp/wp/

STEP6.損害額の確定後、保険金が支払われます


出典:http://www.ohnobankinten.com/

STEP7.雨樋修理の着工(専門業者)


出典:http://matuken-k.com/amatoi.html

実際、火災保険の活用を勧める工事業者は少ないのですが、屋根コネクトは火災保険の内容を熟知し、保険適用の雨樋工事ができる優良業者を数多く登録しています。雨樋の不具合を見つけたら、まずは当社までお気軽にお問い合わせください。

7.雨樋の修理のまとめ


出典:http://www.the-moriyakougyou.com/original3.html

最近では、自分で住宅を修理するDIYが流行っていますが、雨樋の修理は高所作業なので落下などの危険が伴います。雨樋は建物の浸水による腐食を防ぐ重要な役割があるので、プロの業者に任せた方が安心でしょう。「思ったよりも工事費が高くて」とお悩みの方も、火災保険を適用できれば負担金0円で修理することができます。屋根コネクトなら、保険の内容を熟知した優良業者をご紹介することも可能です。どうぞお気軽にお問合せください。

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。