神社の屋根の特長と修理方法について

神社の屋根の特長と修理方法について

お寺のところでもふれたように、神社は弥生時代の稲倉がルーツとされています。檜皮葺や茅葺きの屋根が特長的で、稲は神聖なものとして祀られ、それが「神殿」として発展したとされています。

代表的な「伊勢神宮」や「出雲大社」を思い浮かべると、分かりやすいかもしれません。

神社の屋根の特徴について

神社の屋根の特徴について
出典:http://kasugajinja.seesaa.net/

フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。

神社の屋根の種類について

神社の屋根の種類につい
出典:http://narabungei.blog4.fc2.com/

「檜皮葺や茅葺き屋根が特長」と記述しましたが、近世に建てられた神社では、瓦や銅板、ステンレス製の屋根の神社も見られるようになりました。

これには、神社存続のために、費用かかる檜皮葺や茅葺き屋根にあえてせず、費用が安い屋根材を選択したからだという理由があります。

また、耐震性を考え耐震施工の一環として屋根を軽くするために葺き替える神社もあります。

神社の特長的な装飾について

神社の特長的な装飾について
出典:http://blog.livedoor.jp/

神社の屋根は特長的な形をしており、それぞれには名前がついています。

千木(ちぎ)… 左右側面の破風板が交差して伸びたもの。

堅魚木(かつおぎ)… 形が鰹節に似ていることからこの名前がつけられました。屋根の葺きを守る押さえるために置かれた木のことをいいます。

昔は、皇族の住居にも千木や堅魚木が使用されていましたが、時代が流れるにつれこれらの装飾は減り、現在では、神社の社殿と関係する建物のみでしか見れなくなってしまいました。

女性を祀っているのか、男性を祀っているのか、千木・堅魚木を見れば分かるとされていますが、必ずしも当てはまるとは言えません。

神社の屋根修理について

神社の屋根修理について
出典:http://www.fujitagawara.com/

フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。

神社に使用される屋根材

神社に使用される屋根材
出典:http://masuda.blog.jp/

神社の屋根には原則として、茅葺きか檜皮葺屋根とされており、他の屋根材は使用しないとされていました。

しかし、近世に建てられた神社は茅葺きや檜皮葺ではなく、様々な屋根材を使用した神社を目にする機会が増え、逆に茅葺きや檜皮葺の屋根の神社を目にする機会が減ってきているように思います。

他の屋根材を使用する理由には、茅や檜皮などの入手が難しくなり、修繕費も高くなってしまったことが背景にあるようです。

檜皮 … ひのきの皮。檜皮葺屋根を造るのに使用される竹釘は一坪で約2,400~3,000本と言われています。

茅 … ススキやヨシ、シマガヤやチガヤなどのイネ科の多年草。断熱性や保温性通気性などに優れているものの、火に弱く20~30年に一度は修繕が必要となります。

銅板 … 葺き替え当初は銅板特有の光沢がありますが時間の流れとともに緑青色に変化します。

瓦 … 一般住宅で瓦を使用すると高いイメージがありますが、神社では茅や檜皮よりも安いため使用する神社も多いようです。

神社の屋根の工事方法

神社の屋根の工事方法
出典:http://izumosan-sagami.seesaa.net/

さまざまな屋根材が使用されている神社ですが、工事方法は主に3つに分けられます。

檜皮葺 … 日本古来から伝わる伝統的な手法。仕上がりが綺麗になるだけでなく耐久性があるということからヒノキの皮だけを使用して施工されます。昔は、皇族などの邸宅や社寺建築で多く見かけましたが、現在では伝統的な社寺で目にするだけとなりました。

銅版葺き … 銅板を用いた屋根。軽量で耐久性に優れており、時間が経つと共に表面がサビてきて緑青色になり味わい深くなります。

こけら葺き … 木材の薄皮を使用してせこした屋根。古来より伝わる手法で多くの文化財で目にすることができます。こけら葺きに使用するこけら板はスギやクリ、サワラなど油分や粘着力だけでなく、耐水性にも優れた木材を輪切りにし赤み材の柾目の薄板を小割りにした木材です。

こけら葺きには、三州龍・遠州流、出雲流など、地域によって葺き方に特徴がありました。

神社の屋根に必要なこと

耐震性

耐震性
出典:http://blog.livedoor.jp/

お寺や神社は伝統的な瓦が使用されていますが、その重さは建物全体の8割を占めているとされています。

そのため、耐震性に優れているとはいえません。チタンやガルバリウム、銅板など、軽い金属屋根に葺き替えることで倒壊の危険性が低くなり、揺れても瓦のように崩落の危険も防ぐことが可能です。

特殊な雨どい「鎖樋」

特殊な雨どい「鎖樋」
出典:http://www.yokoban.jp/

一般住宅の雨どいの代わりに神社に設置されてる雨どいが「鎖樋」です。普通の雨どいはパイプの中内側に雨水を流すのに対して、鎖樋は表面に雨水を伝わせて地上に落とすというものです。

現在では、雨水が流れる様子が日本的な情緒があるとしてエクステリアとしても人気があります。

「神社」と一言で言っても「神宮」と呼ぶところがあると思えば「神社」と呼ぶところもあります。

また、神社を象徴する鳥居も神社によってさまざまな形をしており、一説には60種類の鳥居の形があると言われています。
参道の両脇にある「狛犬」も、木製や陶製、金属製などさまざまなタイプがあり、表情も地域や神社によってさまざまです。

このように、祀られている神様によって、もしくは地域によって神社の形が異なります。神社を参拝された際には、狛犬の表情や鳥居の形にも注目してみると面白い発見があるかもしれません。

お寺の屋根修理についてのまとめ

お寺の屋根修理についてのまとめ
出典:http://www.yabuki-kazari.com/

フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。フック文章が入ります。

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。