安心工事保証付き! 屋根の葺き替えリフォーム・修理業者の紹介サイト

加盟工事店募集中

電話番号0120-690-287

土日祝日もOK!

24時間電話受付

「カバー工法の落とし穴」って何?スレート屋根全体修理の前にチェックすべきポイント


葺き替えよりも安く早く工事ができるため非常に人気のあるカバー工法

スレート屋根のおうちでは検討されている方も多いでしょう。


たしかにカバー工法はいい工事です。

けれど、近年カバー工法という言葉ばかりが有名になり、リスクやデメリットが忘れられているような印象も受けます。


本記事ではカバー工法についての一般的な知識とともに、カバー工法ができないケースやアスベストが含まれる場合の工事の是非、デメリットについてもご紹介します。


カバー工法とは?葺き替えとは?

屋根の構造について

ご自宅の屋根がどのような構造になっているかご存知ですか?

なんとなく天井の上に屋根材がのっているようなイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、実際にはとてもたくさんのパーツが組み合わせられています。


スレート屋根の場合、もっとも簡易的に説明すれば、

屋根の下地となる「野地板」の上に雨漏りを防ぐ「ルーフィング(防水シート)」をかぶせ、その上から「スレート(=屋根材)」を敷いて雨漏りしやすいつなぎ目を「板金」で守っている、ということになります。




※屋根の生命線は「ルーフィング」

屋根や外壁には一次防水、二次防水という考え方があります。


一次防水とは最初に雨や風を受ける、外から見える防水機能のこと。

屋根ならスレートや瓦、ガルバリウムなどの屋根材が該当します。


これに対し二次防水は一次防水で防ぎきれなかった水分を遮断するものです。

屋根ではルーフィング(防水シート)を指し、屋根の雨漏りを防ぐ「最後の砦」的な役割を果たしています。

面から見えない存在ではありますが、屋根の修理の時にはルーフィングの性能にも注意しておきましょう。

カバー工法とは


既存の屋根を撤去せず、上から新しい屋根をかぶせる工事のことです。

もともとがスレート屋根だったら同じスレートか、金属屋根(ガルバリウム鋼板)アスファルトシングル屋根のどれかを重ねることになります。


細かく言えば、カバー工法には既存の屋根の上に直接ルーフィングを敷いて屋根材を乗せる「直接下葺き材カバー工法」と、野地板(下地)・ルーフィング・屋根材の順でかぶせる「野地板増し貼りカバー工法」があります。


スレート屋根のカバー工法工事では、野地板増し貼りをすると屋根内部に熱がこもりやすくなるため「直接下葺き材カバー工法」がおすすめです。

葺き替え工事とは


葺き替えは既存の屋根を一旦解体して、下地から全て交換する工事です。

修理だけでなく解体工事が必要となるため、カバー工法と比べると費用は高額になります。

また、工期もカバー工法と比べて2日ほど長くなります。


解体工事では屋根材を剥がしたり、壊したりしますのでどうしても音と振動が大きくなります。近隣とトラブルにならないよう配慮が必要です。

粉塵も発生することがありますから、工事前に隣近所への挨拶をするようにしましょう。

一般的な屋根工事業者であれば周囲への説明もしてくれます。


スレート屋根のカバー工法 不適なケースと気になる費用について

スレート屋根のカバー工法、できないケースも?


①雨漏りしている屋根はNG

雨漏りが起きている時、屋根には何が起きているのでしょうか?


先にも書いた通り、屋根は一次防水・二次防水という二つの防水機能で守られています。

雨漏りは二次防水も突破しているため、野地板が濡れて腐っていることが多いです。

下地となる木材が腐ると釘による固定が効かなくなる上、そのまま進行すれば崩壊の原因になることもあります……。

雨漏りしているならカバー工法でなく葺き替えで全体を修理しましょう!


②築年数が長い屋根

カバー工法をすれば屋根の耐用年数を大きく伸ばすことができます。

けれど、カバー工法では既存の屋根材をめくらないため、一番下にある野地板の状況を確認することができません。


築年数が長く、家全体にトラブルがあるような場合は屋根裏も傷んでいる可能性があります。

次回の工事まで下地の強度を保てるかわからないケースではカバー工法は避けた方が良いでしょう。


カバー工法で工事したい!気になる費用は?


屋根カバー工法の費用相場は一般に80万〜150万円と言われています。


・屋根の面積

・屋根の形状

・下屋根(2階建以上のおうちで下層階についている屋根)

・カバーする屋根材の種類

・カバーする屋根材の種類


など、様々な条件により価格が変わりますので値段の適切さは相見積もりで確かめましょう。

複数社から見積もりを取ることで必要な工事の内容を把握し、自分に合った業者を探すことができます。

相見積もりサイトを使うのもおすすめです。


ちなみに、スレート屋根を金属屋根(ガルバリウム鋼板)でカバーした場合の見積もり例は以下の通りです。

※その他の事例もこちらでご紹介していますので、ぜひ合わせてお読みください。

工事内容 数量 単価 価格
屋根修理
高圧洗浄 100㎡ 200円 20,000円
下地の補修 100㎡ 2,000円 200,000円
防水シート 100㎡ 700円 70,000円
新しい屋根材(ガルバリウム鋼板) 100㎡ 5,500円 550,000円
棟板金 12㎡ 4,000円 48,000円
足場 245㎡ 700円 171,500円
その他
諸経費 工事費用の5% 52,975円

合計:1,112,475円

※他、消費税などかかります。

※足場代は節約できる?

足場は安全に工事を進めるために必要不可欠なものです。

カバー工法は完璧じゃない!知っておきたいデメリット

アスベストを含むスレート屋根のカバー工法


実は、古いスレートにはアスベストが含まれていることがあるのをご存知ですか?


2004年に原則使用禁止となるまで、多くのスレート瓦にアスベストが使われていました。

軽くて燃えにくく、繊維も強いため、屋根材の強度を上げるのにぴったりだったのです。

実際、アスベスト入りのスレートは非常に丈夫で現在までそれほど大きなトラブルもなく残っていることが多いです。


このアスベスト入り建材は「ただ屋根の上にある」だけではそれほど問題ではありませんが、葺き替えなど解体作業で割れると繊維が周囲に飛散します。


石綿繊維を吸い込んでしまうと肺の奥深くまで入り込み、長期間かけて肺気腫(肺の悪性腫瘍)そ引き起こす場合があります。


解体時には特殊な処置を施しながら作業を行うのですが、アスベストの廃棄作業はリスクも高いことから通常の工事よりも値段が高くなります。

カバー工法では既存の屋根を解体しない=アスベスト屋根を工事する上では大きな費用の節約になるためにカバー工法が人気というわけです。


ただし、皆様もお気づきのとおり、カバー工法をしても問題が解決したわけではありません。

屋根の内部に残り続けるので、結局家の解体時にはアスベスト処理が必要になります。

お子さんにいずれ家や土地を譲りたい場合は撤去しておいた方が安心かもしれません。

またアスベストの処理費用は年々上がっていますので早めに処分した方が結果的に費用を節約できる可能性もあります。


カバー工法が最善かどうかは今後のメンテナンス予定により変わってきますので、見積もりの際に業者に相談してみましょう。

その他・カバー工法のデメリット


・解体費用が高くなる

カバー工法で工事をした屋根は通常の屋根よりもかさが増します。

解体時は二枚の屋根をまとめて取り除くことになりますので、どうしても通常の工事より値段が上がってしまうのです。

二世帯住宅への建て替えや土地の売却等、将来設計によっては葺き替えを選択した方がいいこともあります。

可能であればメンテナンスの計画をたて、業者に相談してみましょう。


・屋根材の下の状態を確認できない

カバー工法は既存の屋根材を剥がさないので野地板の状況を目で見て確認することができません。

表面がきれいな状態でも、内部で腐食が進行している可能性はあります。


カバー工法は厚みと重さが増しますし、野地板の状況が悪いと屋根全体が危険になります。


デメリットもありますが、費用を節約する上では1回の修理費用を抑える上では非常に有効な工事です。

全体修理ができますし、部分修理を繰り返すより屋根全体の寿命を延ばすことができるでしょう。

メリット・デメリットを理解した上で最適な工事方法を探しましょう!

相見積もりなら屋根コネクトで!

屋根コネクトで無料見積もりをすると、最大3社から見積もりをとることができます。

登録している業者は地元密着の優良業社ばかりなので安心!

ご相談いただきましたら屋根コネクトのプロフェッショナルがお客様のお悩みに寄り添いながらサポートさせていただきます。(完全無料です。)


相見積もりは納得して工事をする上で非常に重要なもの。

お断りする業者への対応も無料代行しますので、ぜひ複数社を比べながらご自身に合う業者を探してください。


お電話かホームページから受け付けております!

私達がお客様の屋根工事を
最後までサポートさせて頂きます!

全国対応無料相談ダイヤル

土日祝日もOK! 24時間電話受付

電話番号0120-690-287

無料簡単見積を開始する

屋根の工事が完成したらお好きなギフト券をプレゼント!

当社がご紹介した優良工事店にて屋根の工事が完了しましたらお知らせください。ご成約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。ギフトカードは、Amazon、JCB、VISAの3ブランドの中からお選び頂けます。

※AmazonはEメールタイプのギフト券となります。

【サイトご利用上の注意】

※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。

※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。

※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。

※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。

※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。

※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。(受付期間:契約から6ヶ月間)

お好きなギフト券プレゼント