安心工事保証付き! 屋根の葺き替えリフォーム・修理業者の紹介サイト

加盟工事店募集中

電話番号0120-690-287

土日祝日もOK!

24時間電話受付

「ガルバリウム鋼板屋根」って?選ぶ前に知っておきたい特性と、改良された新素材について!


近年、屋根材の中でも注目を浴びているガルバリウム

正式名は「ガルバリウム鋼板」でアルミニウム55%・亜鉛43.4%・シリコン1.6%のアルミ亜鉛合金をメッキした鋼板です。

日鉄住金鋼板株式会社の製品名でしたが、屋根材の名称としても使われるようになりました。(ガルバ、ガルバリウム、ガルバニウムなど、様々な呼び名があります。)


近年、ガルバリウムは屋根材として非常に人気が高く、急速にシェアを伸ばしています。

その理由はなんといっても「軽さ」「耐久性」

従来の屋根瓦の10分の1以下の重さで、耐久性(錆びにくさ)は同じ金属であるトタン屋根の3倍以上です。


ただし、デメリットも存在します。

本記事ではガルバリウム鋼板について屋根材としての特性を詳しくご紹介します。

また、最後にガルバリウムの上位互換とも言われるエスジーエル鋼板についても解説します。


1ガルバリウム鋼板とは。他の屋根材との比較

ガルバリウム鋼板の特性


先にも書いたように、ガルバリウムはアルミニウムと亜鉛の合金です。

それぞれの金属の特徴を受け継いでいるため、アルミニウムの「耐蝕性」「加工性」「熱反射性」と、亜鉛の特性である「犠牲防食機能」を持っています。

わかりやすく説明すると、以下のようになります。


耐蝕性:腐食に耐える性質=錆びにくい性質

加工性加工しやすさ。扱いやすさ。

熱反射性:輻射熱(赤外線で伝わる熱。太陽光など)を反射して熱の伝わりを抑える性質。

犠牲防食機能先に腐食して溶け出すことで、素地となる金属を守る機能。


鉄を主な素材とする鋼板をガルバリウム合金でめっきした構造になっており、ガルバリウムが内部の鉄板を守っている、と考えるとわかりやすいでしょう。

他の屋根材との比較

では、他の屋根材と比較するとどうなるのでしょうか。

軽量性、断熱性、防音性、メンテナンス性、費用の4つの観点からチェックしてみましょう。


①軽量性(耐震性)
屋根材の種類 軽量性(耐震性)
ガルバリウム
トタン
スレート
×

屋根の重量が軽いほど重心が下がり、揺れにくくなります。

瓦屋根に比べればガルバリウムの重量は10分の1以下。屋根全体の重さを大幅に軽減することができ、耐震性の向上につながります。

金属屋根は他の屋根材に比べて軽いため、軽量性(耐震性)に優れています。


②断熱性
屋根材の種類 耐熱性
ガルバリウム
トタン ×
スレート ×

断熱性とは内外の熱を伝えにくくする性質のこと。

断熱性が高いほど夏の暑さ、冬の寒さを和らげることができます。

ガルバリウムなど金属屋根は熱を伝えやすいため、断熱性にはやや難ありです。

断熱材がついた屋根材を使うと機能が向上します。


③防音性
屋根材の種類 防音性
ガルバリウム ×
トタン ×
スレート

防音性が高いほど雨音など外部からの音が伝わりにくく、静かに過ごすことができます。

金属屋根は音が伝わりやすいので、防音性は低め。

表面に砂粒を吹き付けた屋根材を使うと雨音が気になりにくくなります。

(そもそも音の感じ方には個人差があり、金属屋根だから騒音が気になるというほどではありません。)


④メンテナンス性
屋根材の種類 メンテナンス 寿命 メンテナンス性
ガルバリウム 10~15年で塗装 20~30年
トタン 5~10年で塗装必須 10~20年 ×
スレート 8~10年で塗装必須 20~30年
15~20年で一部補修 50年以上

基本的にどの屋根材であってもメンテナンスが必要ですが、頻度には差があります。

寿命とメンテナンス頻度を総合して考えると、ガルバリウム鋼板屋根はバランスがいいと言えるでしょう。


⑤費用
屋根材の種類 費用相場(/㎡)
ガルバリウム 6500円~8500円
トタン 4500~7000円
スレート 4000~7000円
10000円〜15000円(種類による)

屋根材は製品やグレードによってかなり値段が変わってくるのですが、ガルバリウム鋼板は比較的高価な屋根材です。

ただし、メンテナンスの頻度を考えるとコストパフォーマンスは決して悪くありません。


ガルバ屋根のメリット・デメリットと機能向上のためにできること

ガルバ屋根のメリット・デメリット類

章の比較でも解説したとおり、ガルバ屋根のメリット・デメリットを整理すると以下のようになります。

メリット

・軽量で耐震性に優れる。カバー工法でも人気。

・メンテナンス性に優れる。価格と耐久性のバランスがいい。

・同じ金属屋根でもトタン屋根より錆びにくい。

・比較的塩害に強い。

デメリット

・断熱性が低いため、夏は暑く冬は寒い

・防音性が低く、雨音が気になる場合がある

・保護されていない切断面や傷から錆が広がることがある

 (施行時の鉄粉が表面に残っているとそこから錆びることもある)

加工で強化!機能向上のためにできること。


金属屋根としては優れたガルバリウムですが、やはり限界もあります。

ただしデメリットを加工によりカバーすることも可能です。

①防錆性

基本的に錆に強い金属ですが、「デメリット」でも触れたように切断面や傷などメッキがはがれた部分から腐食が広がることがあります。

切断面や施行時に発生する鉄粉の処理が大切ですので、工事を行う際にはガルバリウムの扱いに慣れた実績ある業者を選ぶようにしましょう。

②断熱性

断熱性向上のためには断熱効果のある特殊な塗料で塗装するか、屋根裏に断熱材を施工するのが効果的です。

また、通気層(空気の通り道)をしっかりと確保することにより熱を逃すことができます。

③防音性

防音性は表面に石粒のついた特殊なガルバリウム屋根材を使うか、下地に防音シートを敷くことで向上させることができます。

エスジーエル鋼板とは

エスジーエル鋼板(SGL鋼板)とは、2014年に登場した次世代型ガルバリウム 鋼板です。

通常のガルバリウム (亜鉛+アルミニウム)にマグネシウムを加えており、既存品の3倍以上「めっき」の耐久力が上がっています。

※製品ではアイジー工業のスーパーガルテクトや、ニチハの極暖ルーフαプレミアムSが知られています。


海岸の近くなど通常金属が錆びやすい場所でも錆びにくく、長く使うことができるため、今まで金属屋根の導入をためらっていた方にもおすすめです。

費用もガルバリウムと比べてそれほど高額にはなりませんので、エスジーエル鋼板(SGL鋼板)を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ


錆びにくく、丈夫で軽量なガルバリウム鋼板。

防音性や断熱性に課題はありますが、工事方法や製品選びによってデメリットをカバーすることが可能です。

メンテナンスも比較的少なく済ませることができるので、優れた屋根材を探している方にはおすすめです。

ただし、ガルバリウムを改良したエスジーエル鋼板(SGL鋼板)の製品も出てきていますので、チェックしておくといいでしょう。


また、工事業者を探す際には実績のある会社を選ぶのが大切です。


屋根コネクトでは全国の有料業者からかんたんに相見積もりをとることができます。

複数比較することで費用の違いも見えやすいですし、実際にやりとりすることで対応のいい業者を選ぶことができます。


自分で調べてわからなかったことも専門家に聞けば解決することも多いです!

お断りも無料で代行しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

私達がお客様の屋根工事を
最後までサポートさせて頂きます!

全国対応無料相談ダイヤル

土日祝日もOK! 24時間電話受付

電話番号0120-690-287

無料簡単見積を開始する

屋根の工事が完成したらお好きなギフト券をプレゼント!

当社がご紹介した優良工事店にて屋根の工事が完了しましたらお知らせください。ご成約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。ギフトカードは、Amazon、JCB、VISAの3ブランドの中からお選び頂けます。

※AmazonはEメールタイプのギフト券となります。

【サイトご利用上の注意】

※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。

※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。

※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。

※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。

※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。

※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。(受付期間:契約から6ヶ月間)

お好きなギフト券プレゼント