安心工事保証付き! 屋根の葺き替えリフォーム・修理業者の紹介サイト

加盟工事店募集中

電話番号0120-690-287

土日祝日もOK!

24時間電話受付

スレート屋根にはどんな種類がある?それぞれの特徴やアスベスト入り屋根の注意点

スレート屋根は新築時に採用されることが多く、住宅街などを歩くと使用されている家も多く見られます。

現在最も多く普及しているのは「化粧スレート」と呼ばれる種類ですが、化粧スレートの中には平板スレート、厚型スレートなどいくつかの種類があります。

また、古いものにはアスベストが含まれていることがあり、葺き替え工事などの際には通常とは費用などが異なるため注意が必要です。

今回はスレート屋根の種類とアスベストに関する注意点などをご紹介します。

化粧スレートにはいくつかの種類がある

化粧スレートは、セメントに繊維素材を混ぜて作った屋根材です。

元々のスレート屋根は「天然スレート」といって粘板岩を用いて作られた屋根材が海外などで使用されていましたが、高価なため日本ではほとんど普及せず、その代わりに「化粧スレート」が使われるようになりました。

化粧スレートには、最も一般に多く普及している平板スレート以外にもいくつかの種類がありますので、まずは簡単にご紹介します。

1-1 平板スレート

スレート屋根の中で最も馴染みがあるのがこちらの平板スレートでしょう。セメント材を薄さ4㎜ほどの板状に加工したもので、「薄型スレート」と呼ばれることもあります。

新築時に採用されることも多く、戸建て住宅などではよく使用されている屋根材です。

いくつかのメーカーがあり、商品名をとって「コロニアル」「カラーベスト」などを呼ばれることもあります。

種類が多く、色やデザインが豊富なのも特徴です。

1-2 厚型スレート

厚型スレートとは、スレートを暑い瓦のような形に加工したもので、「セメント瓦」と呼ばれることもあります。

瓦といえば最も多く普及しているのは陶器瓦または釉薬瓦と呼ばれる種類ですが、費用が高いため、代わりにこのセメント瓦が採用されることが一時期ありました。

厚いため平板スレートよりも重量があり、メンテナンスなども手間がかかるため、近年では新しく採用されることは少ない傾向にあります。

1-3 波型スレート

波型スレートとは、波型の見た目をしたスレートです。大波タイプと小波タイプがあります。主に工場や倉庫などに使われることが多く、一般住宅ではあまり使用されていない屋根材です。

スレート屋根に含まれるアスベストについて

2-1 アスベストが含まれているのはどんなとき?

古いスレート屋根にはアスベストが含まれていることがあり、「石綿スレート」と呼ばれることもあります。具体的には、2004年にアスベストの製造を原則禁止とする法律ができたため、2004年以前に施工された屋根の場合にはアスベストが含まれている可能性があるということになります。

細かく言えば、2004年以外にも2006年、2012年などアスベストの規制は何度か行われていますが、一般の住宅などに使用する屋根材については2004年の時点で規制されたと考えて問題ないでしょう。

国土交通省のサイトや、各メーカーのサイトでも該当の製品が公表されているので、製品名がわかる場合には調べてみるのが良いでしょう。

●アスベストが含まれたスレートの方が、不具合が起きにくい

ノンアスベストのスレート屋根は、一般的に築10~20年程度で表面の割れや色あせなどの不具合が見られ、メンテナンスが必要になりますが、アスベストが含まれているスレートは頑丈で、ノンアスベストのスレートよりも不具合が起こりにくいと言われています。

建築から10~15年程度経っているにも関わらず、ほとんどひび割れなどがない場合には、アスベストが使用されている可能性があります。

●健康被害について

アスベストが使用されている場合、最も不安になるのが健康被害でしょう。

しかし実際は、天井などに使用されているアスベストに比べて、大きな割れや傷みがない限り飛散して吸い込んでしまう可能性は低いと言われています。屋外であるため、仮に飛散してしまった場合にも室内に比べれば濃度は低くなります。

アスベストが含まれていることには変わりなく、工事で取り除くに越したことはありませんが、普通に住んでいることですぐに健康被害が出てしまうというようなものではないので、工事などは冷静に判断して行うようにしましょう。

特に、アスベストを取り除くために工事が今すぐに必要だと迫る悪徳業者などもないわけではありませんので、十分に注意が必要です。

2-2 アスベスト処理の方法と注意点

アスベストが含まれた屋根の工事のパターンとしては、カバー工法を行うか、葺き替え工事を行うかのどちらかになります。

●カバー工法

カバー工法は、既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せる工事です。

アスベストが含まれた屋根材の場合、取り外しを行うと産業廃棄物として適切な処理が必要で、通常の廃材よりも処理に高額な費用がかかることになります。

カバー工法で表面を覆ってしまえば飛散する心配をなくすことができるので、施工時の費用をどうしても抑えたい場合には検討してみても良いでしょう。

しかし、上から別の屋根材で覆うということは、中にはアスベストが残ったままになるということです。

アスベストの処理費用は現在でも高額ではありますが、年々高騰している傾向にあります。一度カバー工法を行ってしまった屋根は再度カバー工法を行うことはできず、さらに建物自体を解体するとなった場合にも、内部にアスベストが含まれている場合には処理に費用がかかります。

残しておくことで、将来的に高額な費用がかかることにもなりかねませんので、可能であれば早い段階で取り除いておくに越したことはないでしょう。

●葺き替え工事

葺き替え工事は、既存の屋根材をすべて取り除いて新しい屋根材を被せる工事です。

アスベストが含まれた屋根材をしっかりと取り除くことができるため、根本的な解決をしたい方にはおすすめです。

しかし、アスベストの処理に費用がかかるなどことや、工期が長くなるといった面もあり、必ず葺き替え工事ができるとは限らないというのが現状です。

アスベストの処理費用は自治体によって異なりますので、まずは確認してみても良いでしょう。

【種類別】葺き替えや修理について

3-1 メンテナンスで必要なこと

スレート屋根のメンテナンスとしては、塗装や部分修理があります。

多くのスレートは表面に塗装が施されているので、10年程度で塗膜が剥がれたり、色あせてきたりといった不具合が起こり始めます。屋根の美観を維持すると同時に、紫外線や雨などから屋根材を守るためにも再塗装を行うのがいいと言われています。

また、スレート屋根はひび割れや剥がれなどの不具合が起こりやすいため、台風の被害にあった場合や、経年劣化によるひび割れなどが見つかった場合には、部分修理を行って二次災害などを防ぐのが大切です。

3-2 葺き替えの時期やおすすめの屋根材

アスベストの入っていないスレート屋根の耐用年数は15~20年程度と言われています。

近年では頑丈な素材で作られたスレートも登場しているため、新たに施工されるものについては耐用年数が伸びていく可能性もあり一概には言えませんが、20年以上何も手入れをしていない場合には、メンテナンスか葺き替え工事を行うのがおすすめです。

また、環境によっても劣化の度合いは異なりますので、耐用年数に満たない場合でもひび割れが複数見つかる場合や、雨漏りが発生している場合には早めに工事を検討しましょう

3-3 まとめ

スレート屋根には、平板スレート以外にも、厚型スレート、波型スレートなどの種類があります。

2004年より前に施工されたスレート屋根にはアスベストが含まれている可能性がありますので、種類に関わらず注意するようにしましょう。

また、葺き替え工事を行う場合には、アスベストの処理に詳しい業者に依頼するのがおすすめです。ノンアスベストのスレートの葺き替え工事を行う場合にも、相見積もりなどを行い、適正価格であるか、優良な業者であるかをしっかり判断して行うのが大切です。

屋根コネクトでは、地域の優良工事店の紹介を行っておりますので、相見積もりをご検討中の方や、アスベストの処理で業者選びに悩んでいる方はお気軽にご相談ください。

私達がお客様の屋根工事を
最後までサポートさせて頂きます!

全国対応無料相談ダイヤル

土日祝日もOK! 24時間電話受付

電話番号0120-690-287

無料簡単見積を開始する

屋根の工事が完成したらお好きなギフト券をプレゼント!

当社がご紹介した優良工事店にて屋根の工事が完了しましたらお知らせください。ご成約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。ギフトカードは、Amazon、JCB、VISAの3ブランドの中からお選び頂けます。

※AmazonはEメールタイプのギフト券となります。

【サイトご利用上の注意】

※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。

※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。

※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。

※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。

※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。

※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。(受付期間:契約から6ヶ月間)

お好きなギフト券プレゼント