安心工事保証付き! 屋根の葺き替えリフォーム・修理業者の紹介サイト

加盟工事店募集中

電話番号0120-690-287

土日祝日もOK!

24時間電話受付

台風シーズンの前に!火災保険で屋根を修理する方法と注意点

台風シーズンの前に!火災保険で屋根を修理する方法と注意点

全国的に梅雨入りし、いよいよ雨が続く季節になりました。昨年は台風15号、19号で甚大な被害が出たため屋根の状態が気になる、という方も多いのではないでしょうか。

一度ダメージを受けた屋根は負荷に弱くなります。今年も多くの台風が来ると予想されますので、できるだけ早めに修理をしておきたいところです。

とはいっても、屋根の修理は高額になることが多いもの。自分でもできるのでは……と後回しにしがちですよね。けれど、実は台風による屋根被害はご加入の火災保険でカバーできることが多いのです!しかも3年遡って申請することもできるため、被害の状況と時期を示せれば保険が下りるとか。火災保険を使って屋根を修理することができる場合もございます。

本記事では台風シーズンの前に知っておきたい、屋根修理の火災保険の活用術についてご紹介します。

台風被害は火災保険がおりる?!保険の種類と適用条件の注意

台風被害は火災保険がおりる?!保険の種類と適用条件の注意

そもそも火災保険とは

そもそも火災保険とは、保険対象が火災や自然災害等で被害を受けた時に保険金の支払いを受けられる損害保険のこと。名前だけ見ると火災の被害にしか適用されないと考えてしまいそうですが、様々な災害がカバーされています。

具体的な内容はご加入の保険の種類によって異なるものの、自然災害(風災、雹災、雪災)については一部、または全額が保証されることが多いです。ぜひご加入の保険の契約内容を確認してみてください。

火災保険でカバーできる台風被害と注意点

台風被害については主に風災に含まれ、以下のようなケースが考えられます。

  • ・台風による強風で瓦が落ちてしまった
  • ・強風と大雨で雨樋が破損し外れてしまった
  • ・飛んできた看板で屋根に穴が開いてしまった
  • ・屋根の一部・または全部が飛ばされてしまった
  • ・強風でカーポートが壊れてしまった

※原因不明および経年劣化による雨漏りは認められません。強風で瓦が飛び、そこから雨が侵入して雨漏りが発生した、というように台風との因果関係が認められれば補償されるケースもあります。

前述のとおり、保険法95条で3年以内なら遡って請求できることが定められています。「去年すぐ言わなかったら……」と諦めず、保険会社に確認してみてください。
ただし、保険会社が請求期限を設けている場合は例外になりますので注意が必要です。また、経年劣化による破損は保険の対象外です。3年遡れるといっても放っておくといつの破損か判断できず経年劣化と認定されてしまうこともありますので、できるだけ早く対策しておくことをおすすめします。

火災保険はどうやって利用するの?屋根を修理するまでのかんたんな流れ

火災保険はどうやって利用するの?屋根を修理するまでのかんたんな流れ

火災保険の申請から実際の工事までの流れ

では、実際に火災保険を利用するにはどうすればいいのでしょうか。具体的な流れは以下の通りです。

  1. ①保険会社に連絡して、分かる範囲で被害の状況を伝え、保険申請に必要な書類を送付してもらう
  2. 火災保険を使うことを伝えた上で業者に見積もりを依頼する※

    ※ポイント1
    保険申請には実際に屋根に登って「被害状況を写真におさめてもらうこと」、「被害が出た時期を判断してもらうこと(経年劣化ではなく台風による被害であると認定してもらうこと)」「見積もりを出してもらうこと」が重要なので必ず火災保険を使うことを伝えましょう。

    ※ポイント2
    相見積もり(複数の業者に見積もりをしてもらうこと)をすることでより安い業者、優良な業者を判断することができます。悪質な業者に依頼してトラブルに巻き込まれないために、また適正価格を判断するために できるだけ複数社を比較するようにしましょう。
    当サイトからも相見積もりの依頼ができます。詳しくは第3章をご参照ください。

  3. ③保険会社から送られてきた書類に必要な内容を記入し、送付
  4. ④保険申請が承認されるのを待つ※

    ※ポイント1
    災害の規模が大きく請求が殺到した場合など 2週間から1ヶ月程度かかる場合があります。また、場合によっては保険会社が被害状況の鑑定のため調査を行うこともあります。

    ※ポイント2
    この時点で保険金の額が決定し、自己負担の有無が判明します。承認された保険金額が見積の額を下回っている場合は足りない分を自己負担で補う必要がある、ということになります。

  5. ⑤保険金が支払われる※

    ※ポイント
    保険会社に申請が認められれば保険金が支払われます。これで保険会社との手続きは終了ですので、工事店とあらためて打ち合わせをし、着工となります。

意外と簡単、と感じられた方も多いのではないでしょうか。基本的に保険の規約で保険申請は契約者が行うことと定められているので、 契約違反のリスクを負わないためにも火災保険の申請は契約者自らが行うようにしましょう。 また④に書いたように、保険申請が承認されるまで最大1ヶ月程度時間がかかることがあります。修理を待つ間に台風が来て被害が拡大してしまうことがないよう、 被害が判明したらできるだけ早く申請を済ませてしまうことが大切です。

保険会社は何をチェックする?自己負担が必要?保険金額決定のポイント

上記のように申請すれば火災保険を使うことができますが、残念ながら場合によっては思ったほどの保険金が認められなかった、ということがあります。

例えば、 修理業者の見積もりが相場より高額で保険会社による再調査が行われ、損害額が修正された場合。最初の見積もりが50万円でも、保険会社が派遣した会社が30万円の被害と判定すれば30万円分の保険金しか認められません。 保険会社は見積もりや提出書類の信憑性をチェックしていますので、信頼できる業者に依頼をすることが重要です。 また、 保険のプランで免責金額が定められている場合、免責額が意外と大きかった!というケースも存在します。損害保険には大きく分けてフランチャイズ方式とエクセス方式がありますので分けて説明します。

①フランチャイズ方式

一定額の損害までは全く補償がなく、規定の額を超えた場合全額が補償される方式 です。よくあるフランチャイズ方式20万円プランであれば、19万円の被害については補償がないが、25万円の被害であれば25万円全額が支払われる、ということになります。小さい工事だと全額自己負担になってしまう可能性があるので注意が必要です。(修理費用の目安については「台風被害にあった屋根を修理したい!―【初心者向け】修理までのステップと費用の相場を参照してください。)

②エクセス方式

免責金額が定められており、超過した分についてのみ補償される方式です。免責額が5万円であるとすれば20万円の工事の場合15万円が支払われます。保険料を抑えるために免責額を大きく設定していると修理が必要になったときに思わぬ出費になる可能性があります。

さらに、機能的に支障のない損傷(外観のみの損傷)や経年劣化は火災保険の範囲外です。たとえ業者に「一緒にリフォームしてしまいましょう」と言われたとしても、保険では災害で損なわれた機能をもとに戻す以上のことはできませんので注意してください。(「すべて保険でできる」と言われた場合、悪徳な業者の可能性が高いです。)

契約時に保険の細かい部分までチェックしている方は少ないかもしれませんが、あらためて見直すと発見も多いです。「こんなはずじゃなかった……」を防ぐために今一度自分が加入している保険の内容を確認してみましょう。

これだけは気をつけたい!台風の屋根修理で悪徳な業者に騙されないために

これだけは気をつけたい!台風の屋根修理で悪徳な業者に騙されないために

実際にあった!悪質な業者の例

最後に、優良な屋根工事業者を選ぶ際のポイントについて解説します。

実は近年、悪質な屋根修理業者によるトラブルが増加しています。特に「保険金を使えば無料で屋根が修理できますよ」「実質自己負担ゼロですよ」と実質無料をうたって強引に契約を結ばせるケースが多数報告されており、注意が必要です。この記事を読んでいただけばわかるとおり、火災保険の内容は契約プランによって異なりますし、保険金で工事費全額がカバーされるとは限りません。無料だからと契約を迫る業者は怪しいと考えていいでしょう。

また、経年劣化による破損を「台風による被害だと申請してください」と指示されたケースも存在します。経年劣化は火災保険の対象外ですので、虚偽の申請をしてしまうと契約者自身も責任を問われます。保険金詐欺になってしまいますので絶対にウソの申請をしないよう気をつけましょう。

安心して修理するために。相見積もりのススメ

安心して修理するために。相見積もりのススメ

これらの悪徳業者を避けるには「怪しい勧誘に乗らないこと」「複数業者に見積もりを頼むこと」が有効です。特に相見積もり(複数の業者から見積もりを提出してもらうこと)をすれば価格面、サービス面ともに比較して選ぶことができますので安心です。
当サイトでは実績ある優良業者の相見積もり依頼ができるほか、相見積もりをするとどうしても必要な「お断り」電話の無料代行が可能です。最短20秒で一括見積り依頼ができますのでぜひお試しください。専門スタッフが工事店決定までしっかりサポートいたします。

私達がお客様の屋根工事を
最後までサポートさせて頂きます!

全国対応無料相談ダイヤル

土日祝日もOK! 24時間電話受付

電話番号0120-690-287

無料簡単見積を開始する

屋根の工事が完成したらお好きなギフト券をプレゼント!

当社がご紹介した優良工事店にて屋根の工事が完了しましたらお知らせください。ご成約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。ギフトカードは、Amazon、JCB、VISAの3ブランドの中からお選び頂けます。

※AmazonはEメールタイプのギフト券となります。

【サイトご利用上の注意】

※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。

※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。

※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。

※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。

※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。

※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。(受付期間:契約から6ヶ月間)

お好きなギフト券プレゼント