安心工事保証付き! 屋根の葺き替えリフォーム・修理業者の紹介サイト

加盟工事店募集中

電話番号0120-690-287

土日祝日もOK!

24時間電話受付

【初心者必見】雨漏り修理の費用を抑えるコツは?知っておくべき相場や注意点を簡単解説!


雨漏りの修理費用は2万円程度で済むものから200万円以上かかるものまで様々です。

安全に費用を抑えて、自宅に合った工事をするためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

この記事では費用を抑えるポイントや注意点を簡単にご紹介します。

雨漏り修理の費用の相場はどのくらい?

雨漏りの修理費用は部分修理で済むか、全体修理が必要かによって大きく異なります。

部分修理なら2~50万円程度、全体修理なら80~200万円程度の費用が掛かります。

部分修理

部分修理は、壊れてしまった箇所だけを修理するための工事です。

ひび割れた瓦の交換や、雨樋の交換といった工事で、全体の傷みはそれほどひどくない場合に行われます。

部分修理には以下のような工事があります。

コーキング補修 瓦の交換 棟板金の交換

3,000円~5万円

5,000円~5万円

3万円~10万円

漆喰の補修 天窓の補修・交換 雨樋の補修・交換

10万円~30万円

2万円~10万円

1万円~3万円

※足場の設置が必要な場合はプラス15~20万円程かかります。

全体修理

全体修理は、屋根全体が古く傷みが激しい場合や、雨漏りが進行して屋根の内部にまで痛みが広がっている場合に行います。

全体修理には以下のような工事があります。

葺き替え工事 カバー工法 ※瓦以外 葺き直し工事 ※瓦の場合

100万円~200万円

80万円~130万円

100万円~150万円

※30坪~40坪程度の家を想定した価格です。(足場代を含みます。)


「葺き替え工事」とは屋根材をすべて取り除いて新しくする工事です。雨漏りが進行して下地の傷みが激しい場合などに行います。

「カバー工法」は既存の屋根材の上から新しい防水シートと屋根材を被せる方法で、元の屋根材はそのままになりますが、葺き替え工事より費用を抑えて施工することができます。ただし、屋根が二重になり重くなるため、もともとの重量が重い瓦屋根では行うことができません。

「葺き直し工事」は、屋根材を一度取り除いて下地や防水シートを新しくしてから、元の屋根材を再利用する方法です。屋根材が頑丈な瓦屋根で主に行われます。

費用を抑える3つのポイント

雨漏り修理で費用を抑えるポイントは、①早期に修理をすること、②相見積もりをすること、③火災保険や補助金を使うことの3つです!

①早期に修理を行う

まず大切なのは初期の段階でしっかりとした修理を行うことです。

1章で紹介したとおり、部分修理であれば数万円~数十万円で済みますが、葺き替え工事やカバー工法では100万円前後と一気に金額が高くなります。

雨漏りが始まっているということは既に症状は進行している方なので、できるだけ早く対処を行うことが大切です。

放置して下地などの傷みがひどくなってしまうと、大がかりな工事をせざるを得なくなってしまいます。

また、普段から屋根の状態をチェックして、割れている瓦を発見した、屋根の色褪せが目立つというような場合には、早い段階でメンテナンスを一度行っておくのがおすすめです。

②相見積もりをする

1社だけで決めずに、複数の業者に依頼して見積もりを比較するようにしましょう。

工事業者にはそれぞれ得意な分野の工事があり、似た工事内容であっても下請け業者の有無や仕入れの価格で工事費用が異なることがあります。

複数の業者を比較すると、適正な工事内容や価格を知ることにもつながります。

③火災保険や補助金を使う

工事の内容によっては、火災保険や補助金を受け取れる可能性があります。

火災保険は、「火災」「風災」などの災害の被害に遭った際に適用される保険です。

台風によって屋根が破損し、その結果雨漏りが起きてしまったという場合などは、火災保険の対象になるケースがあります。

まずは入っている保険会社の補償内容を確認してみましょう。

また、補助金は、「省エネのための工事」や「耐震性強化のための工事」などに対して国や自治体から工事費費用の援助が受けられる制度です。

審査はやや厳しいですが、カバー工法や葺き替え工事などでこれらに該当すれば、場合によっては数十万円~100万円程度の援助を受けられることもあります。

まずは住んでいる自治体のHPなどから制度の有無や適用の条件を確認してみましょう。

安く工事をするときの注意点

せっかく費用を抑えても、きちんとした工事ができなければ意味がありません。

安く工事をするときに注意すべきポイントも知っておきましょう。

①安い素材は耐用年数が短い

素材というのは、防水シート、屋根材、塗料などです。

これらの素材にはグレードがあり、同じ業者であれば、高いものほど耐用年数や機能面が優れている傾向にあります。

アクリル塗料は、1㎡あたり1,000~1,500円程度ですが、耐用年数が5~8年と短いのに対し、シリコン樹脂塗料は1㎡あたり2,000~3,000円程度ですが、耐用年数は10~13年です。耐用年数が短いと頻繁にメンテナンスなどが必要になり、長い目で見るとかえって費用がかかることもあります。

素材のグレードを落として費用を抑える場合には、耐用年数やメンテナンス周期などが十分かをよく確認しましょう。

②直しきれないと雨漏りが再発する

雨漏りの原因を見誤っていた、施工が悪かったなど原因は様々ですが、工事したばかりであるにもかかわらず雨漏りが再発することがあります。

無理な値引き交渉の結果、必要な工事まで削ってしまったり、そもそも業者の質が悪く雨漏りの原因を間違えたり、工事が雑だったりすると、こういったことにもなりかねません。

安さも重要ですが、最低限の質が保たれているかをよく確認するようにしましょう。

また大幅な値引きを行う業者などにも注意し、値引きがあったときはどこで安くなっているのかというのを知っておくことが大切です。

業者選びは最も重要


いい業者を見つけることは、工事を成功させる上で最も重要です。

必要な工事はしっかりと行い、無理のない範囲で費用を抑えるためには、技術や知識がしっかりとある良心的な業者を探す必要があります。

情報を集めたり、複数の業者を比較したりして、安心して任せられる業者に依頼しましょう。


屋根コネクトでは、一括での相見積もりのご依頼を承っております。

契約後に依頼をしなかった業者へのお断り代行などのサービスも承っておりますので、お忙しい方や、初めてで不安があるという方でも安心してご利用いただけます。

有料業者をご紹介させていただきますので、業者探しでお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

私達がお客様の屋根工事を
最後までサポートさせて頂きます!

全国対応無料相談ダイヤル

土日祝日もOK! 24時間電話受付

電話番号0120-690-287

無料簡単見積を開始する

屋根の工事が完成したらお好きなギフト券をプレゼント!

当社がご紹介した優良工事店にて屋根の工事が完了しましたらお知らせください。ご成約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。ギフトカードは、Amazon、JCB、VISAの3ブランドの中からお選び頂けます。

※AmazonはEメールタイプのギフト券となります。

【サイトご利用上の注意】

※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。

※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。

※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。

※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。

※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。

※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。(受付期間:契約から6ヶ月間)

お好きなギフト券プレゼント