屋根塗装の手順、7つのポイント

「屋根の塗装、塗り替えをしよう」と考えたけれども、実際の塗装はどのように行われるのだろうか?こんな疑問を抱く人も多いと思います。実際には自分でやるわけではありませんが、一般的な塗装の手順を知っておくのも重要です。業者が適切な工事を行っているのか、見積りに不自然な点はないか。こういったことを判断するためにも、屋根塗装の基礎知識として、手順を7つのポイントに分けて説明していきます。

1、足場の設置・養生

まずは塗装をするための準備が必要です。塗装作業を安全かつ、正確、スムーズに行うために足場を設置します。屋根の勾配が緩い場合は、足場を設置せずに塗装を行う場合もあります。

また、塗装に入る前に養生も行います。養生はマスキングとも呼ばれます。塗装する部分以外に、塗料がかからないように飛散防止ネット、飛散防止シート、マスキングテープを使って保護する作業です。保護の対象としては、自動車や植木、隣家との間隔が狭い場合は隣家に飛散しないように注意を払います。

2、高圧洗浄

足場を設置した後は高圧洗浄を行います。屋根に付着しているカビやコケとともに、古い塗膜を洗い流します。高圧洗浄を入念に行い、汚れをしっかりはがし落すことで、塗料を塗るための下準備を行います。

カビやコケがひどい場合は、塩素系カビ取り剤を使用したり、トルネード洗浄を使用する場合もあります。

3、下地補修

ひび割れや欠けた部分があれば、シーリング材を擦り込んで補修していきます。棟板金などの金属部分には、紙やすりなどで小さなキズをつける作業を行います。この作業をケレンと言います。細かいキズをわざとつけることで塗料の密着力を高めます。

トタン屋根の場合はサビを落としながら、全体に細かいキズをつけていきます。
ケレンを行ったら、その日のうちにサビ止めの塗装まで行います。

4、下塗り

シーラーと呼ばれる接着剤のような役割を果たす塗料を塗っていきます。スレートの傷みがひどい場合は、下塗りを2度行う場合もあります。シーラーを丁寧に塗ることで、塗料のはがれを防ぐことができます。また、上塗り材の吸い込み防止の効果もあります。

5、中塗り

中塗りは、仕上げの塗料を塗る一回目の工程です。塗料の本来の効果を発揮するために塗料を2度塗りするのが一般的です。業者によっては、3度塗りを行うところもあります。まず細かい部分から小さなローラーや刷毛で塗っていきます。その後、ローラーで全体を塗ります。

6、上塗り

仕上げの塗料を塗る2回目の工程です。中塗りという言葉を使わずに、上塗り1回目、上塗り2回目と表現する場合もあります。中塗りから、2~3時間あけて上塗りを行います。中塗りの後に比べて、より光沢を出すことができます。


出典:http://www.tosoushokunin.net/roof-painting01.html

7、縁切り

スレート屋根で必要な工程です。スレート屋根では、塗装を行ううちに、塗膜が積み上がり、隙間を完全に埋めてしまいます。この屋根材が塗膜でくっついた部分を切り離す作業が縁切りです。縁切りを行わないと、雨漏りの原因となることもあります。

塗装後に縁切りを行う場合は皮スキという工具で固まった部分を切り離します。最近では、タスペーサーという道具を使って縁切りを行うケースが多いようです。


出典:http://www.kokoroiki.com/repaint/colonial.html

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。