屋根修理のトラブル

屋根修理のトラブル

こんな失敗に気をつけて!よくある5つの失敗事例
リフォームで欠陥工事が行われていたというニュースを目にしたことが、1度はあるかと思います。屋根の修理・リフォームでも、失敗やトラブルの発生は起こりえます。
ここでは、屋根修理の失敗例・トラブル例をご紹介します。実際に工事を行う際の参考にすることで、トラブルを未然に防ぎましょう。


屋根修理のトラブル失敗事例 Part1

屋根修理のトラブル失敗事例 Part1

1年たって判明。ひどい塗装工事をされていた。
塗装が終わった直後は、だいたいの業者がきれいに仕上げるものです。しかし、屋根の塗装はそうそう頻繁に行うものではありません。1年くらい経過してあまりよくない業者だったと分かるケースがよくあります。

めくれが生じる

めくれが生じる
出典:http://www7b.biglobe.ne.jp/~amamori-toso/

スレート屋根の塗装などで、耐用年数よりはるか手前で塗装がめくれてしまうことがよくあります。業者に問い合わせをしても、「耐用年数はあくまで目安で、天候などの状況により変化する」などと言われ、保証修理を行ってくれないケースです。

原因原因

これは塗装がしっかりと付着していないために起こります。洗浄・ケレンといった下地処理が甘かったのではないかという理由が考えられます。

対策対策

ほんの一部がめくれる程度なら、単なる業者のミスと考えられ、優良業者なら補修してくれるはずです。全体がはがれ、めくれているとなるとただのミスではないでしょう。対策としては、作業過程の写真を撮影し、報告してもらうという方法があります。

雨漏りが生じる

雨漏りが生じる
出典:http://www7b.biglobe.ne.jp/~amamori-toso/

屋根の傷みがひどくなってきたので、塗り替えをしてもらったが、その後しばらくして雨漏りをするようになってしまった。塗装によって以前より状態が悪化したのではないか?と思われる方もいるかもしれません。

原因原因

築年数が古い場合によくあります。これは屋根の傷みの進行がひどく、そもそも塗装だけでは修理が十分ではなったという原因が考えられます。また、屋根によっては縁切りが不十分だったために雨漏りの原因となることもあります。

対策対策

屋根をほったらかしにしたままかなりの年月が経過している。もうすでに雨漏りをしている箇所がある。このような場合は塗り替えだけでは不十分な場合があります。そもそも塗り替えだけでなく、重ねぶき(カバー工法)や葺き替えといった修理も考慮にいれることで対策できます。

屋根修理のトラブル失敗事例 Part2

屋根修理のトラブル失敗事例 Part2

綺麗に完成したけど…こんな色だったっけ?
塗り替え工事は順調に進み、いざ完成したけれど、サンプルと違う色のように見えてしまうことがあります。

イメージと違う

イメージと違う
出典:http://www.nakanishi-toso.co.jp/

原因原因

サンプルと同じ塗料を使ってもこういった現象は起こりえます。太陽光のあたりかたで色の具合が違って見えたり、屋根という大きなキャンパスにうつすと、違ったイメージになることもあります。

対策対策

サンプルを見るだけでなく、試し塗りをするのがいいでしょう。実際に施工事例がある場合はその実物や写真を見せてもらうのもいいかもしれません。

屋根修理のトラブル失敗事例 Part3

屋根修理のトラブル失敗事例 Part3

ご近所様に苦情を言われてしまった。
屋根の塗装で意外と起こる失敗・トラブルに隣近所とのトラブルがあります。

お隣さんの建物、植木を汚してしまう

お隣さんの建物、植木を汚してしまう

隣家との間隔のせまい住宅街などで良く生じるトラブルです。高圧洗浄の際に、汚れた水がかかってしまった。塗料が飛んで付着してしまった。といった失敗がよくあります。

原因原因

洗浄や塗装を行う際は養生を行います。周辺環境に合わせて、飛散防止ネットや飛散防止シートで周囲を保護する作業です。これが不十分だとお隣に迷惑をかける原因となることもあります。

対策対策

業者も、お客様の車や植木には忘れずに養生を行うことと思います。隣家との間隔が狭い場合には、そちらまで飛ぶことはないか確認するといいでしょう。

におい・騒音

におい・騒音

塗料にはにおいがきついものもあります。足場を組む際や、高圧洗浄時など、大きな音がでてしまうこともあります。

対策対策

工事を始める前にきちんとあいさつに行くことをお勧めします。業者が行ってくれる場合もありますが、任せっきりにせずに同行するほうがベターでしょう。せっかくで屋根をきれいにしても、ご近所との関係にひびが入っては、せっかくの塗装が台無しになってしまいます。

屋根修理のトラブル失敗事例 Part4

屋根修理のトラブル失敗事例 Part4

保証修理をしてもらえないと言われた。
屋根の葺き替え工事をしてもらったが、1年もたたずに雨漏りが生じてきました。契約内容に保証があるので、問い合わせたところ、「その場合は保証の対象外です」の一点張りで、保証に応じてもらえませんでした。

保証修理をしてもらえない

保証修理をしてもらえない

原因原因

どの業者も保証をつけてくれるのが一般的で、その期間は長いところだと10年くらいあるところもあります。しかし、保証で大事なのは期間だけではなく、内容も重要となります。

対策対策

保証について詳しく確認しなければいけません。実際にどういうときに保証をしてくれるのか、またどういうときはしてくれないのか、といった例を示してくれる業者は信頼できると思われます。

屋根修理のトラブル失敗事例 Part5

屋根修理のトラブル失敗事例 Part5

訪問営業で安くしてくれるので即決したら。
訪問営業で即決するのは危険です。
「モデル、モニターをお願いしたいのでお安くします」
「期間限定のキャンペーンなのでお安くします」
のように、安くしてくれたので即決したという方もいらっしゃいます。しかし、調べてみたら割り引いているが適正な価格より高かったり、ずさんな工事をされていた、などということがよくあります。

訪問営業で即決は危険

訪問営業で即決は危険

原因原因

大幅な値引きを見せることで安いように錯覚してしまうことがあります。また、激安にしたしわ寄せとして、人件費を抑え、屋根材や塗料を別のもので代替して使用すると言った、安かろう悪かろうな工事をされることもあります。

対策対策

訪問営業でいい話を持ってきても、即決しないことが大切です。十分に調査し、比較検討したうえで判断することをおすすめします。

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。