屋根塗装の見積り5つのチェックポイント

・見積もりをもらったが、どこを比較すればいいのか?
・気をつけるべき点はどこなのか?

見積りを見る際に押さえておきたい5つのチェックポイントを説明!

1、塗装面積をチェック

1、塗装面積をチェック

屋根塗装の見積りを出すうえで、必須項目のひとつが塗装面積です。

まず気をつけていただきたいのが、塗装面積の記載がない見積りです。たとえば 「屋根塗装一式:○○円」 のような表記をしているものです。この場合、塗装面積はどれくらいで考えているのか、詳しく確認する必要があります。

塗装面積は業者によって差が出るポイントでもあります。相見積りをとったときに、大きな開きがある場合は面積の計算方法や、どこまで塗装するのかをしっかり確認しましょう。

  • 屋根塗装一式:○○円
  • 単価×塗装面積=○○円

2、塗装回数をチェック

2、塗装回数をチェック

塗装回数も見積りをチェック、比較する際に重要なポイントになります。

屋根塗装では下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本とされています。塗装回数についての表記がない場合はしっかり確認しましょう。基本の3回塗りをやらなければ、本来の塗装の効果を発揮することはできません。

業者によっては、4回塗りや5回塗りといった丁寧な作業を行うこともあります。その分3回塗りと比べると価格は高くなりますので、予算や完成時の希望などを考慮して比較のポイントとしましょう。

  • 塗装:○○円
  • 単価×下塗り1回=○○円
  • 単価×中塗り1回=○○円
  • 単価×上塗り2回=○○円

3、塗料の名称をチェック

3、塗料の名称をチェック

使用する塗料の名称が詳しく記載されているかチェックしましょう。

詳しく、というのがポイントで「シリコン塗料」のみの記載では不十分です。クールタイトSi(エスケー化研)のように塗料の名称およびメーカーまで詳しく記載されていれば大丈夫です。

塗料の名称が分かれば、価格や特徴を調べることができ、単価設定や使用料が適切か判断することができます。価格や耐用年数を予算、希望と照らし合わせながら比較しましょう。

  • シリコン塗料
  • クールタイトSi(エスケー化研)

4、下地処理をチェック

4、下地処理をチェック

屋根の塗装に欠かせない重要な項目が下地処理です。ケレンと記載されていることもあります。

この工程を省略しても仕上がり直後にはまったく差が出ません。しかし、その後の耐用年数に大きな開きが出ることになります。

もし見積書に記載がなければ業者に確認をしましょう。洗浄に含まれている場合もあります。もし下地処理、ケレンを行わないようであれば、その業者はあまりよくない可能性がありますので、他社と徹底して比較しましょう。

5、諸経費をチェック

5、諸経費をチェック

見積書に諸経費という項目がある場合があります。

詳細を明記されていない場合もありますが、廃棄物処理費や経費、事務費などがこれにあたります。業者によっては管理費や安全対策費といった名前で書かれていることもあります。詳しくはそれぞれの業者に確認しましょう。


  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。