安心工事保証付き! 屋根の葺き替えリフォーム・修理業者の紹介サイト

加盟工事店募集中

電話番号0120-690-287

土日祝日もOK!

24時間電話受付

ベランダ・バルコニーの台風対策!事前にやるべきことと被害後の対応、修理費用を解説


台風前には家の屋根やカーポートだけでなく、ベランダ・バルコニー、テラス、屋上などの対策も忘れずに行うようにしましょう。

ベランダの屋根はカーポートなどと同様に飛ばされてしまう可能性があるため注意が必要です。

また、ウッドデッキにあったプランターや物干し竿といったものが飛ばされ、自宅のみならず他所に被害を出してしまったという報告もあり、被害を抑えるためにはこういった場所の対策を忘れずに行うことが重要になります。

この記事では、屋根やカーポート以外の、忘れてはならないベランダ、テラス、屋上など他の場所の台風対策についてご紹介します。

ベランダ・バルコニーの台風対策のポイント


ベランダ・バルコニーの台風対策では以下の4つがポイントです。

①飛ばされそうなものを室内に移動する

②浸水防止のため排水溝を綺麗にする

③窓ガラスの割れや飛散対策をする

④隣家との仕切りはひび割れなどには注意し固定はしない

1-1 飛ばされるリスクがあるものは室内へ

まず、飛ばされる可能性があるものは全て室内に取り込みましょう。

掃除道具や小さな植木鉢などはもちろん、物干し竿、椅子など、比較的大きく重量のあるものであってもしっかりと対策しておくことがおすすめです。


物干し竿は飛ばされたり落下したりすることがありますので要注意です。

室内に取り込むのがおすすめですが、難しければ金具やロープなどでしっかりと固定するか、外して、ベランダの端などに置いて動かないようにしておきましょう。


椅子やテーブルといったバルコニー家具などは迷うという方も多いかと思いますが、大きく重量のあるものは万が一飛ばされた場合に凶器になります。

飛ばされるところまではいかなくても、強風で倒れる、転がって落下してしまう、他所に被害を加えてしまうということは十分あり得るので注意が必要です。

1-2 排水溝の状態をチェック

台風が来ると、短時間で大量の雨が降ることになります。

普段の雨では問題がなくても、ベランダの排水が追い付かなくなり、最悪の場合室内に浸水してしまうということも起こります。

台風が来ることがわかったら一度排水溝含め、溝なども綺麗に掃除しておきましょう。

1-3 窓ガラスの割れや飛散対策

窓ガラスの対策も忘れずに行いましょう。

よくあるやり方ですが、網戸やシャッターを閉める養生テープを貼るカーテンを閉めるなどの方法が有効です。


●網戸やシャッターを閉める

網戸は忘れずに閉めるようにしましょう。

シャッターがある場合はぜひ閉めておくことをお勧めします。シャッターのおかげで飛散物の窓ガラスへの衝突を免れたという話は少なくありません。

また網戸で、痛みがひどく外れそうなものや破れがあるものは、危険もありますので貼り換えや修理をしておくことが大切です。

日ごろから状態をチェックしておくと良いでしょう。


●養生テープを貼る

こちらは台風対策でよく言われることですが、窓ガラスに養生テープなどを貼っておくのはとてもおすすめです。

窓ガラスが割れなくなるわけではないですが、もしも割れてしまった場合に飛散するのを防ぐことができます。

窓ガラスの飛散が原因で大けがをしてしまったという話もありますし、ガラスの破片のせいで何かあった時の避難経路が失われてしまう可能性もあります。

手軽にできる対策ですので、やっておいて損はないでしょう。

ガムテープですとはがしたときに跡が残ってしまう可能性もありますので、養生テープがおすすめです。

また、飛散防止フィルムなどがある場合は、そちらを使用するのも良いでしょう。


●カーテンを閉める

最後はカーテンです。こちらも、窓ガラスが割れてしまった際に飛散を防ぐのに有効ですので、必ず閉めておきましょう。

台風が直撃している最中は、以上のことを行った上で、できる限り窓に近づかずに過ごすことなども大切です。

被害を想定して、安全な対策を心がけましょう。

1-4 隣家との仕切りは固定NG!

台風のあとにベランダに出てみたら、隣の部屋との間の仕切りがすっかり壊れてしまっていたという話はよくあります。

破損の元になりそうなひび割れなどがないかしっかりと確認しておきましょう。

ベランダの仕切りは、もともと何かあった時の避難経路になっていることも多く、壊れないように固定してしまうことは少し危険です。

大きな破損や他所への被害の原因になりそうなひび割れなどはチェックして、それ以上の養生テープなどでの固定はしないでおくことがおすすめです。

ウッドデッキ・テラス・庭などの台風対策のポイント


ウッドデッキ、テラス、庭などの台風対策は、基本的にはベランダ同様に、飛ばされそうなものを室内にしまうことが大切になります。

2-1 大きなものも油断せず対策する

台風の際は、予想もしなかったものが飛ばされてしまいます。

テーブルやベンチ、大型のプランターなどでも飛ばされたり、風で移動してしまったりすることが考えられます。

自宅だけでなく隣家への被害などを防ぐためにも、できる限り室内などの安全な場所に移動させるようにしましょう。

どうしても室内に取り込むことができないものがある場合には、ロープなどを使って動かないように固定しても良いでしょう。


レジャーシートやブルーシートなどを用意しておいてその上に置いておくのも一つの方法です。

台風が来る前にこういったグッズをしっかりと用意しておくのも大切です。

2-2 植物やプランターを守るためにできること


ウッドデッキや庭でガーデニングや畑などをされている方は少なくないでしょう。

飛ばされて自宅や他所へ被害をもたらすのはもちろん心配ですが、植物自体も、強風や大雨にさらされれば当然傷んでしまいます。

室内に取り込むことができれば一番ですが、量が多い場合や鉢植えでない植物などは対策も難しくなりますので、植物を守るためにできることを簡単にご紹介します。


●植物棚の植物は下におろすか、小さなものは室内へ

植物棚などの上の方にある植物はまとめて下におろすか、風の当たらない場所や室内へ移動させましょう。


●2つ以上の鉢をまとめて重しを置く

大きな鉢などは二つ以上をロープなどでまとめ、周りに重しを置いて動かないように固定しましょう。


●防風ネットを使用する

一か所にまとめて防風ネットなどかけておくのも一つの方法です。

ネットは100円ショップなどで安く購入することもできますので、サイズなどしっかりと確認し、植物の大きさや量に合わせて購入しましょう。


●支柱に固定する

高さのある植物は支柱を使用するのも一つの方法です。既に使用している場合には固定などが緩んでいないか確認すると良いでしょう。


被害に遭ってしまったときにすべきこと


対策はしたものの被害を防ぐことができなかった、という場合には、焦らず順を追って後片付けや修理を行いましょう。

3-1 飛ばされたものや被害の状況を確認

ベランダやウッドデッキに置いてあったものが飛ばされてしまったという場合には、まずは周りに破損などの被害がないかを確認しましょう。

被害がどこにどのくらいあるのかをしっかりと把握することが大切です。

万が一窓ガラスなどが割れてしまった場合には、破片などによる二次災害を防ぐためにも速やかに片づけましょう。

3-2 保険会社と修理業者に連絡する

台風によって家財の破損などの被害を受けた場合には、修理費用の一部が保険で賄える可能性があります。

被害の状況を確認したら、自分が入っている保険の内容などを今一度確認し、保険会社に問い合わせを行いましょう。

大きな破損など個人で処置が難しい場合には、業者に修理を依頼する必要があります。被害の規模や場所にもよりますが、近くの屋根・外壁の工事業者などに問い合わせをしてみましょう。


●保険申請の際の注意点

保険は必ず適用されるというものではなく、被害の原因や状況によって異なります。

また、工事が始まってからではなく事前の申請が必要な場合が多いため注意が必要です。被害箇所の写真を撮っておくなどの作業が必要なこともあるので、工事をする前に必ず申請方法や手順を確認しておきましょう。


●修理業者に依頼するときの注意点

修理業者に依頼をする場合には、業者選びには十分注意しましょう。

特に台風後の時期などは依頼が混み合ったり、急な修理が必要になったりすることも多く、悪徳業者や詐欺の被害に遭いやすくなります。

見積もりに詳細がきちんと明記されているか、金額が妥当であるか、対応に問題がないかなど契約をする前に信頼できる業者であるかをよく確認しましょう。

また、悪徳業者の被害を防ぐポイントとして複数の業者に見積もりをとる、相見積もりを行うのは有効な方法です。

3-3 修理などにかかる費用の目安


修理にかかる費用は、破損の度合いや、どの程度の規模の工事を行うかによって異なりますが、大まかな目安としては以下のようになります。

修理内容 費用
ベランダ屋根の部分修理 2万円~10万円程度
ベランダ屋根の全面修理・取り換え 10万円~40万円程度
ベランダ床の防水工事 5万円~30万円程度
排水溝の詰まり修理・交換 10~15万円
ウッドデッキ・テラスの修理 3万円~30万円程度
外壁のひび割れ・コーキング補修 5~30万円程度
外壁の防水塗装工事 30~80万円程度
雨漏りの修理 10~100万円(※規模による)

●ベランダ屋根の修理

ベランダ屋根の修理は、交換するパネルの枚数によって異なり、1枚あたり1~3万円程度であることが多いです。

屋根がすべて壊れてしまった場合や、支柱などから壊れてしまった場合には全体修理となり、20万円以上の費用が掛かることもあります。


●ベランダ床の防水工事

防水工事は面積と使用する塗料によって異なります。塗料にはウレタン、FRPなどの種類があります。

防水工事については以下の記事で詳しく解説しています。


●外壁の補修工事

ベランダだけではなく外壁の一部にひび割れがある場合や、つなぎ目部分のコーキングが傷んでいる場合には修理が必要になることがあります。

修理の規模によって数か所の補修であれば5万円程度から、外壁全体のコーキング打ち直しなどをする場合には30万円以上の費用がかかることもあります。


●雨漏りの修理

室内にまで雨漏り跡が見られる場合や、雨水が浸入してしまった場合には、大がかりな工事が必要になる場合があります。

一部分の修理で済む場合もありますが、シミになってしまった内壁の張替えをする場合や、外壁内部の腐食などにより大規模な張替え工事が必要になった場合には50~100万円程度の費用が掛かることもあります。


便利なグッズやその他の対策


4-1 ベランダなどの台風対策に便利なグッズ

ベランダ、窓ガラス、ウッドデッキなどの台風対策をする際に、事前に用意しておくと便利なグッズをまとめました。

大型の台風が来る時期になると、品切れなどで買えないということも考えられますので、できるだけ早く用意しておくと良いでしょう。

―便利なグッズ―

☑ビニール製のレジャーシート

☑ブルーシート

☑養生テープ

☑飛散防止フィルム

☑針金やロープ

☑防風ネット

☑苗ドーム(畑などがある場合)

苗ドームは、畑などで苗の上から被せるドーム型のビニールです。ネットなどでも購入可能ですので、植物の苗などが心配な場合にはチェックしてみるのがおすすめです。

4-2 直前にできるその他の対策

本記事で紹介した対策以外にも、台風直前にできる対策としては以下のようなものがあります。

●キッチンやトイレなどの換気扇を止める

台風の強風は思わぬ場所から思わぬ被害をもたらします。

キッチンやバスルーム、トイレなどの換気扇に加え、24時間換気システムなど、普段はあまり触ることがないものも、台風の直前になったら止めておくことがおすすめです。

●自転車を固定する

以外にも忘れやすいポイントです。室内に取り込むことができれば一番ですが、難しい場合にはロープなどを使って固定しておくとよいでしょう。

●雑巾やタオルなどを使って窓枠などからの浸水を防ぐ

雨が強くなってしまった場合、窓枠や、玄関の隙間などから雨水が浸入してくることも考えられます。

あらかじめ雑巾やタオルを用意し、浸水してきた場合に慌てないようにすることが大切です。

●玄関、庭などに置き忘れたものがないか確認する

ここで上げたもの以外にも、置物や傘立てなど、置き忘れているものがないか十分に確認しましょう。

どんなものが飛ばされるか、また飛んでくるかわかりませんので、被害を想定して対策をしておくことが重要です。

●倉庫などの扉を閉める

倉庫などがある場合には、扉などをしっかり占めておきましょう。また破損を防ぐために、ねじの緩みや劣化がないかを確認しておくことも大切です。

●カーポートの屋根を外しておく

カーポートの被害は台風の度に報告されており、十分な対策が必要な場所の一つです。

特に屋根は構造上飛びやすいこともあり、事前に取り外してしまうのも一つの方法です。

カーポートの台風対策については以下の記事で詳しく紹介しています。

4-2 まとめ

ベランダ・バルコニー、ウッドデッキの台風の対策は、家の屋根などと比べて手軽にできる部分でもあるので、やっておいて損はないでしょう。

被害を未然に防ぐためにもしっかりと対策しておくことが大切です。

また、もともとベランダやウッドデッキが老朽化していて漏水や破損の心配がある場合などは、あらかじめ修理などを行うことがとても大切です。

台風時期の前に一度劣化などの状態をチェックし、自宅の状況に合わせて対策することが大切でしょう。

屋根コネクトでは屋根の修理以外にもベランダの防水対策などに詳しい業者もご紹介しておりますので、何かございましたらお気軽にご相談ください。

私達がお客様の屋根工事を
最後までサポートさせて頂きます!

全国対応無料相談ダイヤル

土日祝日もOK! 24時間電話受付

電話番号0120-690-287

無料簡単見積を開始する

屋根の工事が完成したらお好きなギフト券をプレゼント!

当社がご紹介した優良工事店にて屋根の工事が完了しましたらお知らせください。ご成約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。ギフトカードは、Amazon、JCB、VISAの3ブランドの中からお選び頂けます。

※AmazonはEメールタイプのギフト券となります。

【サイトご利用上の注意】

※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。

※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。

※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。

※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。

※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。

※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。(受付期間:契約から6ヶ月間)

お好きなギフト券プレゼント