【完全無料・迅速対応】屋根修理の価格、一括見積もり比較「屋根コネクト」
無料24時間対応
地元の業者に一括見積もり依頼
0120-690-287

なぜ現在では瓦の土葺きが使われなくなったか?

なぜ現在では瓦の土葺きが使われなくなったか?


time2015/11/09

なぜ現在では瓦の土葺きが使われなくなったか?

一言で瓦屋根とはいっても、葺き方(乗せ方)には様々な種類があり、時代とともに変わってきました。
少し前まで主流だったのは、瓦を固定するために土を使用する「土葺き」でしたが、近年では土を使わない工法が主になっています。
なぜ土葺きの屋根は少なくなってしまったのか?それぞれの工法でどんな違いがあるのかをご紹介します。

フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しない屋根工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良業者を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

土葺きってどういうもの?

土葺きは「つちぶき」や「どぶき」と読みます。
明治時代~昭和初期まで主流だった、瓦を固定するために、大量の土を利用する工法です。
瓦を揃えるのが難しく、経験を積んだ職人さんでないと施工ができません。

大量の土を乗せるため、かなりの重量がありますが、断熱効果が非常に高い利点があります。
また、その重さによって強風に飛ばされにくいので台風対策とされていたり、地震対策としてもわざと重くすることで上下の揺れを防ぐと言われていました。

ただし、注意点としては、その重量に耐えるために家の柱などは重みに耐え得るしっかりしたものである必要があることと、土が経年変化で痩せてくると瓦を支えきれず、ずれてしまったり、ずれた部分から雨漏りにつながってしまうことがあります。

現在では土葺きの屋根自体が減少していることもあり、対応できる職人さんも少なくなっています。

なぜ、現在は土葺きが減少しているのか

大きなきっかけは、「関東大震災」と「阪神大震災」といわれています。
関東大震災当時の瓦は、土葺き工法でした。
この工法は瓦を留めない工法であることと、経年により土の耐久度が低くなるため瓦が非常に落ちやすいです。

このため多くの家屋からずり落ち、被害を招いたので、葺き土を使用しない「引掛桟工法」が関東では主流になっていきました。
関西ではこの頃は大きな地震がなかったため、しばらくは断熱性と台風対策のために土葺きが使用されていましたが、阪神大震災により、同様の瓦屋根の倒壊が見られ、土葺きがの屋根が減少していくきっかけとなりました。

現代の瓦葺きについて

土葺きに代わり登場したのが、引掛け桟瓦葺き工法です。
この工法では、下地の上に敷いた木材へ、瓦のツメを引っかけて更に釘などで固定をします。(釘などで固定をする瓦の枚数は、建てられた時期により異なります。)
大量の土を使用しないことと、土葺きの瓦よりも1つ当たりのサイズが大きく、必要な枚数も減ることによって、大幅な屋根の軽量化になります。
さらに釘で固定されていることにより土葺きよりも瓦は落ちにくくなっています。

近年では「ポリフォーム工法」という新しい工法も登場しました。
ハリケーンが多発するアメリカ、フロリダ州で義務付けられた工法です。
接着剤のような素材で、吹き付けると発砲して3倍ほどに膨れます。これで瓦を直接下地に接着します。

強力な接着力があるので台風や地震、大雪への対策になり、釘穴が空かないため雨漏りのリスクも減少。また、素材自体に断熱材の効果もあり、断熱効果にも期待ができます。

強力に接着できるとなると、その後のメンテナンスが心配になるかもしれませんが、高価後はカッターで切れるようになるので、入れ替えも可能なようです。
コストは通常の釘留め工法より1㎡あたり200円ほど上がりますが、今後もっと普及していく工法かもしれません。

まとめ

このように、時代とともに変わってきた瓦葺き。
今後も、新しい工法の登場により、さらに扱いやすくなっていくかもしれません。
現在も土葺きだという人は、思い切って現代工法に葺き替え、より長持ちする家にしてみませんか?


詳細はこちら一覧へ戻る

フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しない屋根工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良業者を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

工事前に知っておきたい!プロが優しく解説「屋根工事大百科」

全国コネクトグループ支店一覧

お住いの地域を選んで、屋根修理・工事の費用、相場を知ろう

全国コネクトグループ支店一覧
【サイトご利用上の注意】
※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。
※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。
※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。
※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。
※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。
※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じてキャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。
(注)当サイトからご紹介の工事店と成約いただいた方には、最大10万円のキャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。 対象の方はキャッシュバック申請フォームから申請ください。申請が確認ができ次第、ギフト券を手配させていただきます。(受付期間:契約から6ヶ月間)
地元の業者に一括見積もり依頼
屋根コネクト
地元の業者に一括見積もり依頼