屋根で地震対策が可能

屋根で地震対策も出来ます!

皆さまは「地震で家が倒壊してしまうのはしょうがない」と思っていませんか?建物だけではなくご自身の身を守るためにも家の耐震リフォームを行うことはとても重要なことです。

耐震リフォームすることで、何もしない家より倒壊の危険性を下げることが期待できます。耐震リフォームの1つとして挙げられるのが「屋根」の耐震リフォームです。

葺き替え工事による地震対策・費用

葺き替え工事による地震対策・費用
出典:http://www.roof-meister.com/

震災で倒壊した多くの家の特徴に、瓦屋根の古い木造住宅があります。というのも、重い瓦は家の高い位置にあるため重心が高くなってしまい揺れ幅が大きくなってしまうので、他の屋根材に比べ倒壊してしまう危険性が高くなってしまいます。

倒壊の危険を軽減させるためには
地震による倒壊の危険性を少しでも軽減するには屋根の軽量化への見直しは外せません。家を建ててから10年以上年数が経過している、地震に備えた屋根にしたいとお考えの方は葺き替えによる屋根の修繕を検討してみることをおすすめします。

地震対策としておすすめは葺き替え工事

地震対策としておすすめは葺き替え工事
出典:http://www.ii-yane.co.jp/

屋根の修繕として「塗装」「重ね葺き」「葺き替え」があります。塗装は遮熱効果や遮音効果を上げることができますが、耐震性を上げることはできません。また、重ね葺きは、現在の屋根に新しく屋根を重ねるので、屋根が重くなってしまい建物への負担が増えてしまうので、逆に耐震効果を弱めてしまう可能性があります。

葺き替えによる修繕であれば、瓦屋根などの重たい屋根を軽い屋根材に葺き替えるので、重心が下に下がり建物が安定し、倒壊の危険性が軽減されることが期待されます。

葺き替え工事にかかる費用
各自治体や業者などで変わることもありますが、葺き替え工事は塗装や重ね葺きとは異なり、現在の屋根の解体・廃材の撤去も含まれているので100万円以上の費用がかかってしまうことが多いです。

地震対策での葺き替えに適した屋根材

地震対策としておすすめは葺き替え工事
出典:http://www.gaisoutech-amenity.com/

一昔前と違い現在は、さまざまな特長を持った屋根材があるので目的や費用によって屋根材を選ぶことが可能となりました。では、耐震に優れた屋根材とはどんなものがあるのでしょうか?

スレート屋根

スレート屋根
出典:http://www.ogawakawara.com/

スレート屋根は粘土板岩を使用した建築材料全般のことを指しますが、混合する素材によって天然スレート・無石綿スレート(アスベストを含んでいないスレート)・セメント系スレートの3つに分類されます。

スレート材は、これまでは耐久性がないと言われていましたが、多くの改良が加えられたことで耐久性を上げることに成功し、弱点を克服しました。 スレート屋根は瓦屋根よりも軽量で、家に負担がかかりにくので瓦屋根より耐震に優れているといえます。

ガルバリウム鋼板

ガルバニウム鋼板
出典:http://www.ogawakawara.com/

ガルバリウム鋼板は瓦屋根の約10分の1の重さであることから、耐震性にも優れています。それ以外にも、防錆性や耐久性が高いので現在、多くの屋根にガルバリウム鋼板が使用されています。

1つデメリットを上げるとすれば、他の屋根材を使用した修繕と比べ対応できる職人が少ないことです。そのため、他の金属屋根と比べると若干割高になってしまうことが考えられますが、耐震面を考えると痛い出費ではないと思います。

屋根を軽くすることで倒壊の危険を軽減

屋根を軽くすることで倒壊の危険を軽減
出典:http://takumi-kk.jugem.jp/?month=201103

冒頭にも記述しましたが、瓦屋根は重心が高い位置にあるので地震の際に大きく揺れてしまい、倒壊の危険性が高まってしまいます。

つまり、スレートやガルバリウム鋼板などで屋根を軽量化することで、倒壊する危険性を軽減することが期待できます。 これらの屋根材は瓦に比べ、施工期間も費用も安く済ませることが可能です。

地震対策の応急処置としてラバーロック工法を

地震対策の応急処置としてラバーロック工法を

瓦屋根で地震対策の1つの工法としてラバーロック工法を用いる場合があります。本来であれば葺き替え工事をして瓦屋根から軽量化されたガルバニウム鋼板の屋根にした方が、地震での瓦が落ちてしまう心配がなくなるのですが、どうしても費用的に工事が難しい場合があると思います。

そうした際に、既存の瓦が落ちない様に瓦と瓦をシーリング材で固定し、落ちないように接着する工法がラバーロック工法となります。

ラバーロック工法はあくまで応急処置の工法となりますので、以下ページにで詳細はご確認ください。

まとめ

耐震性の屋根に葺き替えたいや自分の家の屋根は大丈夫なのか?実際に工事をするとした場合の費用はいくらになるのかなど、耐震性の屋根の葺き替えについてお考え・お悩みの方は、コネクト事務局までご相談ください。

台風などとは異なり地震はいつ来るのか予測がつきません。「まだ大丈夫」ではなく、今から家の耐震について考えてみることをおすすめします。

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。