• 群馬県の優良工事店から

    無料一括見積り!

    同じ屋根と同じ工事で100万円以上の差が出る事例多数!

    群馬県の優良工事店へ一括見積り

  • 群馬県の優良工事店による

    適正価格診断

    屋根コネクトの無料診断で129万円安くなった事例あり!

    群馬県の複数工事店へ適正診断依頼

  • 1
  • 2

 

 

群馬県対応エリアについて

屋根コネクト群馬県版

屋根コネクトでは、県内で営業・展開している優良工事業者をご紹介いたしております。初めての屋根の修理で不安を抱いている方や、工事業者選びで頭を抱えている方、前橋市、高崎市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、藤岡市、富岡市、みどり市、甘楽市など群馬県での屋根の修理をご検討されている方、群馬県での屋根の価格を知りたい方は是非、優良な工事業者のみが登録されている屋根コネクトを利用して ご自身が納得できる屋根修理業者を探しましょう。

 

 

屋根コネクトの強み

登録は全国の優良工事店のみ

登録工事店の評価を厳しくチェック

工事店へのお断りも無料代行

屋根工事が完成したら最大5万円分キャッシュバック(注)

全国対応!適正価格診断サービス【無料】

 

 

 

ご利用の流れ

見積りを依頼する 最大6者の見積りを比較 工事店を決定 お墓の完成 お祝い金の贈呈

屋根コネクトで「安さ」「安心」「納得」の屋根工事を!

  1. 「安さ」だけでなく、屋根コネクトには厳しい審査基準を通過した実績豊富な群馬県の優良店が数多く登録しているため、安心して屋根工事ができます。
  2. ② 屋根コネクトではお客様の立場に立って最適な工事店を選定し、ご紹介後も親身にサポートし続けます。

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!

 

記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。

 

 

群馬県で屋根の修理をされたお客様の感想

お客様住所:群馬県伊勢崎市
工事種類:葺き替え
面積:90平米
屋根コネクトさんに紹介していただいた業者さんに、葺き替えをお願いしました。 希望どおりの仕上がりにしていただき、大変満足しています。
お客様住所:群馬県沼田市
工事種類:葺き替え
面積:110平米
太陽光パネルを付けてもらうにはどこに頼んでいいか分からなかったので、屋根コネクトで紹介してもらった業者にお願いをしました。手際よくやっていただき、費用も予算内に収まったので屋根コネクトを利用してよかったです。
お客様住所:群馬県館林市
工事種類:塗装
面積:100平米
遮熱塗装をお願いしました。どういう流れで行うのかも丁寧に教えてくれ、施工中も
安心してお願いすることができました。屋根コネクトにお願いしてよかったです。

 

 

群馬県の屋根について

藤岡瓦 消えつつある伝統産業

群馬県を代表する伝統産業の一つ、瓦作り。その歴史は古く、
538年の百済からの仏教伝来にまでさかのぼるといわれています。
奈良時代には各地で国分寺の建立が進み、瓦の需要が増え盛んになりました。このころ藤岡で焼かれた瓦が上野国分寺建立の際に屋根に使用されたといわれています。あらゆる史料から消えた時期もありましたが、江戸時代に建築様式の変化から再び急成長し、関東一の瓦産地として繁栄の基礎を築きました。昭和30年代には全盛期を迎えた藤原瓦ですが、ガス製法に移行する中で昔ながらのだるま窯で造る製法を守り続けているのは、1軒のみとなってしまいました。

群馬県前橋市の屋根貸し事業

市有施設の有効活用と災害時(停電時)における市有施設の機能強化のために、再生エネルギーの普及促進や地域経済の活性化を目的に市有施設で使っていない屋根や土地を太陽光発電事業に使う事業を実施することになり、事業を実施する事業者へ貸出す「前橋市市有施設屋根貸し太陽光発電事業」で5箇所の市有施設の屋根で事業者が太陽発電開始に向け事業を進めています。

群馬県のお問い合わせ例

お客様住所:群馬県前橋市
お問い合わせ方法:メール(見積り)
内容:屋根が破損してしまったので、修理をお願いしたいがいくらになるのか見積もってもらいたい。
お客様住所:群馬県富岡市
お問い合わせ方法:メール(価格診断)
内容:どこをどうしたらこういう料金になるのかという見積り書が届いた。
正しい料金なのか見てもらいたい。
お客様住所:群馬県みどり市
お問い合わせ方法:メール(見積り)
内容:葺き替えを希望していますが、一番安いのだといくらになるのか見積もってもらいたい。

群馬県の建造物の屋根

桐生市にあるノコギリ屋根

西の西陣、東の桐生と言われるほど、桐生市は絹織物の町として有名です。桐生駅を降りて桐生天満宮へ続く本町通り周辺に、ギザギザの三角屋根、別名「ノコギリ屋根」の工場が散財しています。昔の地図では工場がある箇所には三角の屋根と煙突が描かれるほど、ノコギリ屋根は近代工場の象徴とも言える存在でした。

もともとは、産業革命当時の英国で織物工場として考案された屋根工場。日本では明治10年代末に使われ始めました。屋根の北側に向いた斜面に取り付けられたガラスの天窓から均一の明かりを1日を通して採り入れることで、織物の色合いを見ています。天井が高いことで、ジャガード織機を使うためのモーターのシャフトを取り付ける空間を確保しやすくなっています。そして「連」とも呼ばれる三角屋根をつなげることで、自由に増築することもできました。これが、ノコギリ屋根が普及した理由と言われています。
大正時代から増えたノコギリ屋根の工場は、今でも18棟ぐらい残っています。
中国や韓国の追い上げで日本の織物工業は衰退していき、ノコギリ屋根の工場は昭和35年以降、減っていきました。減っていった理由には冷暖房の効率が悪いこと、屋根の溝部分のメンテナンスが大変なことも挙げられます。今現在、創業当時のまま工場などに使われているのは、わずかで、その以外には倉庫や住宅、アトリエなどに使われています。

ノコギリ屋根を見に行かれた際は、昔、どんな使われ方をしたのか思いを馳せるのもいいかもしれません。

 

 

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!

 

記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。