安心工事保証付き! 屋根の葺き替えリフォーム・修理業者の紹介サイト

加盟工事店募集中

電話番号0120-690-287

土日祝日もOK!

24時間電話受付

スレート屋根のランニングコストはどのくらい?塗装費、部分修理費などを徹底解説!


スレート屋根は、他の屋根材に比べて維持費がかかるといわれることもありますが、実際にはどうなのでしょうか。

屋根は施工時の費用以外に、定期的にメンテナンスや部分修理などに思いのほかお金がかかることがあります。

屋根材によって劣化の速さや不具合の起きやすさに差があり、再塗装が必要かによって後々かかるコストは異なります。

今回は、スレート屋根に絞って、施工の費用やランニングコストなどを解説していきます。

スレート屋根の施工にかかる費用

1-1 葺き替え工事にかかる費用

まずは、施工時にかかる費用を簡単にご説明します。スレート屋根は新築の物件で採用されることも多く、その場合は建築費にすでに含まれていることになりますが、別の屋根から葺き替え工事でスレート屋根にする場合には、新しい屋根材代、古い屋根材の撤去代や処理代、下地や防水シートの修理代などの費用が掛かります。

屋根材代と諸経費とすべて合わせて、100㎡程度の屋根であれば90万~120万円程であることが多いです。

他の屋根材を見ると、瓦屋根が120~250万円程、ガルバリウム鋼板が100~130万円程ですので、スレート屋根は主な屋根材の中では安く済むといえるでしょう。

費用は、施工面積、屋根の形状、選ぶ屋根材のランク、業者、建物の階数などによって異なりますので、あくまで目安と考えるようにしましょう。

葺き替え工事にかかる諸経費は具体的には以下の通りです。

<葺き替え工事の費用の内訳>
項目 単価
既存屋根材の撤去 1,500~2,500円 /1㎡
既存屋根材の処理 1,500~2,500円 /1㎡
(撤去費用に 含めることも)
アスベスト撤去費用(※) 30,000~50,000円/1㎡
下地の補修 1,500~2,500円 /1㎡
防水シート 500~800円/1㎡
新しい屋根材 4,000~7,000円 /1㎡
足場 500~1,500円/1㎡
管理費、諸経費 工事費用の 5~10%

※費用は施工業者によって異なります。

※一部のスレート屋根にはアスベストが含まれており、古いスレート屋根からの葺き替えの場合には「アスベストの撤去費用」が別に掛かることがあります。自治体で補助金などを利用できる場合も多いので、不安な方は一度住んでいる地域で確認してみましょう。

スレート屋根のアスベストに関する記事は、こちらを合わせてご覧ください。

1-2 カバー工法にかかる費用

カバー工法でスレート屋根を施工した場合には、葺き替え工事で施工した場合に比べて、既存の屋根材の撤去費用が掛からず少し費用を抑えられることが多いです。

屋根を重ねることによって重量が増すので、家の耐震強度に問題がないことが前提でなければ施工できませんが、施工した場合には葺き替え工事に比べて20~30万円程度安くなる済ませることができます。

<カバー工法の費用の内訳>
項目 単価
高圧洗浄 100~300円/1㎡
下地補修 1,500~2,500円 /1㎡
防水シート 500~800円/1㎡
新しい屋根材 5,000~7,000円 /1㎡
棟板金 3,000~6,000円 /1㎡
足場 500~1,500円/1㎡
管理費、諸経費 工事費用の 5~10%

※費用は施工業者によって異なります。

スレート屋根で必要な塗装工事って?

2-1 塗装工事は何のために必要?

スレート屋根に必要なメンテナンスの一つに塗装があります。家の環境などにもよりますが、通常は10年に1度程度は行ったほうがいいといわれています。

スレート板はもともと表面に塗料を塗っているため、経年劣化によってはがれてくることがあります。塗料が剥がれてしまうと屋根材がむき出しになって、常に太陽光や雨に晒されてしまう状態になるため、屋根にとっていいことではありません。

塗装はあくまで表面に行うものなので、屋根材そのものの劣化を防いだり、外的な衝撃から屋根材を保護したりすることなどはできませんが、美観の維持はもちろん、表面の状態を良好に保ち紫外線などによるダメージを直接受けないためにもとても大切な工事です。

2-2 塗料の種類と特徴

塗装に使用する塗料にもいくつかの種類があります。主なものは、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂などで、それぞれ費用や特徴が異なります。耐久性が高くなるほど費用も高くなる傾向にあります。

<塗料別・費用の相場>
塗料 単価 耐用年数 特徴
アクリル樹脂塗料 1,000~1,500円//1㎡ 5~8年 耐用年数は短く、耐久性も劣るが、価格が安く、経済的。
ウレタン樹脂塗料 1,600~2,100円/1㎡ 7~10年 使いやすく、細かい塗装にも適する。
シリコン樹脂塗料 2,000~3,000円/1㎡ 10~13年 耐久性が高く、汚れにくい。コストパフォーマンスに優れる。
ラジカル制御型塗料 2,200~3,500円/1㎡ 10~15年 耐久性が高く、チョーキング現象が起こりにくい。
フッ素樹脂塗料 3,500~4,500円/1㎡ 15~20年 耐久性が非常に高い。一般家庭ではあまり使われない。
光触媒塗料 4,000~5,000円/1㎡ 15~20年 汚れの付着を防ぐ効果がある。工程が多く、工期が長くなる。

※耐用年数は使用する環境によって異なります。

2-3 塗装にかかる費用

塗装にかかる費用は、1回30万円~80万円程度です。表面に塗料を塗るだけとはいえ、足場を設置し、高圧洗浄を行ったり、数回に分けて重ね塗りをしたりするため、思いのほか工期もかかります。塗料そのものの費用以外にかかる費用には以下のようなものがあります。

<塗装工事の費用の内訳>
項目 単価
足場 500~1,500円/1㎡
養生 100~500円/1㎡
高圧洗浄 100~300円/1㎡
下地処理 100~1,000円/1㎡
下塗り 500~1,000円/1㎡
中塗り、上塗り 1,000~5,000円 /1㎡
縁切り 200~500円/1㎡
管理費、諸経費 工事費用の 5~10%

※費用は施工業者によって異なります。

10年に一度50万円の塗装費用が掛かるとすると、施工時の費用が安かったとしてもランニングコストはやや高額になると言えるでしょう。瓦屋根で現在主流の陶器瓦は、施工には150~200万円ほどかかり、90~120万円程度のスレートに比べると施工時の費用が高額ですが、塗装を数回行うとなるとスレート屋根でも、陶器瓦と結局同じくらいの費用が掛かることになると考えられます。

また、スレート屋根は耐用年数が20~30年程度で、この頃には塗装よりも葺き替え工事が必要になることもあるため、耐用年数が40年を超えるといわれる陶器瓦に比べるとやや長い目で見たときの費用が高額になるといえるかもしれません。

ただし、陶器瓦であっても、下地や防水シートは20年程度の耐用年数であることも多く、瓦自体は丈夫でも、一度内部の防水シートを取り換えるなどの工事が必要になることもあります。

スレート屋根の部分修理にかかる費用

3-1 部分修理が必要なのはどんな時?

新築時にはきれいだった屋根も、建築から5年ほどたってくると少しずつひび割れや釘の浮きといった不具合が起き始めます。スレート屋根の場合には劣化が始まるのが比較的早いことや、新築時にハウスメーカーなどが適切な施工を行っていないこともまれにあり、数年で気づいたら不具合が起きていたということもあります。

部分修理をしたほうがいいのは、ひび割れ、複数個所の釘の浮き、棟板金の浮きなどがみられる場合です。ひび割れなどはそれだけでは大きな問題にならなくても、雨水の侵入などによって防水シートや下地の劣化など内部の腐食が起こり、最終的には雨漏りにつながる恐れがあります。

また、大型の台風などでは、他所からの飛来物や強風などによってひび割れやスレート板の剥がれなどの被害も起きやすいです。大きな災害などがあった後には、まずは目視で念のため屋根の状態を確認することが大切です。

3-2 部分修理にかかる費用

部分修理の方法としては、棟板金の交換、スレート板の交換などがあります。

ただし、スレート屋根は構造によって部分的に板を剥がして入れなおすということが難しい場合もあり、不具合の起きている部分を含めて大きめの範囲を工事する必要が出てくる場合もあります。

主な修理内容と費用については以下のようになります。施工する業者によっても異なりますので、金額はあくまで目安と考えましょう。

小さな修理であっても家の構造などによって足場の設置が必要な場合には、20~30万円程度足場代がかかることもあります。

<部分修理の費用相場、耐用年数、工期>
施工内容 費用
スレート交換 2,000~7,000円 /枚
天窓パッキン交換 20,000~40,000円/窓
天窓交換 50,000~100,000円/窓
板金巻き 50,000~100,000円/箇所
棟板金交換 5,000~8,000円 /1㎡
谷樋撤去・交換 8,000~20,000円/1㎡
雨樋の清掃 20,000~40,000円
雨樋の補修(傾き・破損・曲がり・欠落) 10,000~30,000円/箇所
雨樋の全交換 150,000~300,000円
足場 500~1,500/1㎡
管理費、諸経費 工事費用の 5~10%
<足場なし/足場ありによる費用の違い>
工法 費用・相場 耐用年数 工期
足場なし 5~30万円 工法により異なる 2~5日
足場あり 20~50万円 工法により異なる 6~10日

※費用は施工業者によって異なります。

3-3 まとめ

スレート材自体は、施工の費用が比較的安く抑えられることや、厚みが程よく遮音性は金属屋根よりは高いものの、瓦屋根のように重量が重すぎないこと、色やデザインが豊富なことなど様々なメリットがあります。

スレート材の中にも様々なメーカーがありランクも異なりますので一概には言えませんが、瓦屋根やガルバリウム鋼板に比べると多くのメンテナンスを必要とする一面があります。屋根材の問題ではなく、新築時に使用されることが多いため、ハウスメーカーの施工不良などによって不具合が起きる場合や、施工時の費用を抑えた結果、杜撰な工事をされていたということもまれにあります。

施工を行う時には、必ず屋根工事の実績が豊富で、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。また、塗装などのメンテナンス費用もあらかじめ考えた上で他の屋根材と比較して検討するのがおすすめです。

屋根コネクトでは、工事業者のご紹介を行っております。何かお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

私達がお客様の屋根工事を
最後までサポートさせて頂きます!

全国対応無料相談ダイヤル

土日祝日もOK! 24時間電話受付

電話番号0120-690-287

無料簡単見積を開始する

屋根の工事が完成したらお好きなギフト券をプレゼント!

当社がご紹介した優良工事店にて屋根の工事が完了しましたらお知らせください。ご成約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。ギフトカードは、Amazon、JCB、VISAの3ブランドの中からお選び頂けます。

※AmazonはEメールタイプのギフト券となります。

【サイトご利用上の注意】

※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。

※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。

※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。

※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。

※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。

※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。(受付期間:契約から6ヶ月間)

お好きなギフト券プレゼント