岡山県対応エリアについて

屋根コネクト岡山県版

屋根コネクトでは、初めての屋根の修理工事で不安を抱いている方、工事業者選びでお悩みの方、岡山市、倉敷市、井原市、瀬戸内市、赤磐市、和気郡、浅口郡、小田郡など岡山県で屋根の修理をご検討されている方、岡山県での屋根の価格を知りたい方は是非、優良な工事業者のみが登録されている屋根コネクトを利用して納得がいく仕事をしていただける屋根の修理業者を見つけましょう。

屋根コネクトの強み

登録は全国の優良工事店のみ

登録工事店の評価を厳しくチェック

工事店へのお断りも無料代行

屋根工事が完成したら最大5万円分キャッシュバック(注)

全国対応!適正価格診断サービス【無料】

ご利用の流れ

見積りを依頼する 最大6者の見積りを比較 工事店を決定 お墓の完成 お祝い金の贈呈

屋根コネクトで「安さ」「安心」「納得」の屋根工事を!

  1. 「安さ」だけでなく、屋根コネクトには厳しい審査基準を通過した実績豊富な岡山県の優良店が数多く登録しているため、安心して屋根工事ができます。
  2. ② 屋根コネクトではお客様の立場に立って最適な工事店を選定し、ご紹介後も親身にサポートし続けます。

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。

 

 

岡山県の工事店

 

 

岡山県で屋根の修理をされたお客様の感想

お客様住所:岡山県瀬戸内市
工事種類:葺き替え
面積:70平米
業者を3社紹介していただいたのですが、どの業者さんもよく迷ってしまい、選ぶのが大変でした。実際にやっていただいた業者さんには、満足のいく仕上がりにしていただき感謝しています。
お客様住所:岡山県尾道市
工事種類:葺き替え
面積:90平米
坂道の上で不便な場所にあり、業者さんに断り続けられ諦めかけていたところ、屋根コネクトさんで見つけた業者さんが快く引き受けてくださったのはもちろん、作業も手際よくきれいにやっていただきました。
お客様住所:岡山県赤磐市
工事種類:塗装
面積:130平米
塗装が初めてで、どういうことをやるのか分からなかった私に、屋根コネクトさんで見つけた業者さんが親切に説明をしてくれ、作業も素早く丁寧にやっていただきました。

 

岡山県の屋根について

最新?銀色の屋根

岡山に行くとよく見かける銀色の屋根。詳しいことは不明ですが、これは瓦葺きの家をリフォームした際に、屋根を金属で覆ったものです。茅葺きを調達するより経費が浮くというメリットがあったのだと思われます。茅葺屋根が減少していったのと反比例するように、銀色の屋根が増えていったのだと思われます。ですので、銀色の屋根の家は新しい家ではなく、古くから住まれている方の家なのです。

名古屋だけじゃないしゃちほこ

岡山県の一部の民家の屋根にしゃちほこが飾られている家を見かけます。  屋根飾りには変わらないのですが、火事よけのおまじないとして飾られているといわれています。また、2対向い合っていることで、悪いことをしないようにという意味もあるそうです。皆さんも、家を建てるときに屋根にしゃちほこを飾ってみてはいかがでしょうか?

岡山県のお問い合わせ例

お客様住所:岡山県倉敷市
お問い合わせ方法:メール(見積り)
内容:塗装を考えています。 どの程度の塗装をすればいいのか、それがいくらかかるのか教えてほしい。
お客様住所:岡山県井原市
お問い合わせ方法:メール(価格診断)
内容: 葺き替え工事を考えています。出してもらった見積りが修理内容に合っているのか知りたい。
お客様住所:岡山県岡山市
お問い合わせ方法:メール(見積り)
内容:塗装を考えているが、幾らになるか、どの業者に頼んでいいか分からないので教えてほしい。

岡山県の建築

熊野神社

修験道の始祖・役小角(えんのおづぬ)の高弟たちが紀州熊野の十二社権現の神体をこの地にうつし祀ったものと伝えられています。明治時代に行われた、「神仏分離政策」によって、現在の熊野神社と五流尊瀧院とに分かれました。

社殿が一列に並んでおり、第三・第一・第二殿、そして第四・第五・第六殿といいます。

そのうちの第二殿のみが国の重要文化財に指定されており、それ以外の社殿も県の重要文化財に指定されています。

第一から第六まで全て檜皮葺ですが、第一・第二は春日造りで屋根が曲線を描いて、正面に片流れの庇(向拝)を付したものです。屋根の反り、彩色などは寺院建築の影響を受けています。第三は、切妻屋根や寄棟屋根よりも格式高い屋根として重んじられている入母屋造になっており、第四から第六は流造という、側面から見た屋根の形状が、正面側の屋根を長く伸ばしているので対称形ではありません。

天守閣にしゃちほこがある意味

現在の岡山城天守閣には金のしゃちほこを掲げ金の軒丸瓦(のきまるがわら)を葺(ふ)いています。しかし、多くの方が、「金のしゃちほこって名古屋城でしょ?」って思われていると思います。

私達が知らないだけで、金のしゃちほこは名古屋以外にも、安土城、犬山城、江戸城、江美城(鳥取県)、大坂城、甲府城、彦根城、広島城、伏見城などがあります。織田信長の安土城にも金鯱は使われていました。

何を思ったのか分かりませんが、豊臣秀吉も大坂城や伏見城で金のしゃちほこを使っています。

では、宇喜多秀家が岡山城に葺いた金しゃちほこはどうだったのでしょうか? 実は、発掘調査では金しゃちほこは出土していませんが、金箔を施された軒丸瓦・軒平瓦などが出土しています。また、岡山城が築城された頃(安土桃山時代)では、これらを金しゃちほことセットで使われることが一般的だったので、宇喜多秀家が築いた天守にも金のしゃちほこが使われたと考えられています。

現在の岡山城の金のしゃちほこは全身金色ですが、安土桃山時代は、ヒレや棘、耳や目、牙など、体から突出した部分に金箔を施していました。

またヒレや耳の内側、唇に朱を施したり、朱の上から金箔を施したりもしていましたそうです。

 

 

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。