安心工事保証付き! 屋根の葺き替えリフォーム・修理業者の紹介サイト

加盟工事店募集中

電話番号0120-690-287

土日祝日もOK!

24時間電話受付

横葺き屋根のメリット・デメリットとは?ガルバリウム鋼板屋根の種類と葺き替えのポイント

屋根コネクトお役立ち記事一覧こちら


ガルバリウム鋼板などの金属屋根は、葺き替え工事などでも多く選ばれる人気の屋根材です。

ガルバリウム鋼板の中にも、断熱材の有無や工法などによっていくつかの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

今回は、横葺きガルバリウム鋼板の種類や特徴などについて解説します。

屋根の横葺き縦葺きの違いとは?


屋根工事を検討されている方は、「縦葺き」「横葺き」という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

金属屋根の施工方法には、「縦葺き」と「横葺き」という二種類があります。

一言で言ってしまうと、屋根材を縦方向に並べるか、横方向に並べるかという違いで、仕上がりの印象や施工できる屋根などが異なります。

縦葺きの屋根 横葺きの屋根
縦葺きの屋根 横葺きの屋根

縦葺きの屋根の場合には、屋根の軒に対して垂直の線が現れるのに対し、横葺き屋根では並行な線になります。


また、縦葺きの屋根は水の流れやすさなどから勾配(屋根の傾き)の少ない屋根に、横葺きの屋根は一定以上の勾配がある屋根に施工されることが多いです。

横葺きガルバリウム鋼板の特徴


横葺きのガルバリウム鋼板にはどういった特徴があるのでしょうか?

メリット・デメリットをそれぞれ確認してみましょう。

2-1 横葺きのメリット

☑デザインが豊富で流通量が多い

☑複雑な形にも対応できる

☑断熱材一体型の屋根材が選べる

横葺きのメリットとしては、上記のようなことが挙げられます。

大きなポイントしては、横葺きの屋根は普及も多く様々なデザインがあり、和風、洋風問わず様々な家のイメージに合わせやすいことでしょう。


また、天窓がある、通気口があるなど、屋根の形が複雑であっても施工できるというメリットがあります。

金属屋根は、瓦屋根などに比べて熱を通しやすく断熱性に劣ると言われているため、断熱材一体型のタイプを選べるというのも重要でしょう。

2-2 横葺きのデメリット

☑勾配の緩やかな屋根には施工できない

☑縦葺きに比べて工期が長くなる

☑縦葺きよりつなぎ目が多いため雨漏りのリスクが高い

デメリットとしては上記のようなことが挙げられます。

横葺きの施工には2.5寸以上の勾配が必要で、それよりも勾配が緩やかな屋根では施工することができません。

縦葺きに比べて1つ1つの屋根材の面積が小さく、施工に手間がかかるため、工期も長くなります。

雨漏りは、きちんとした業者で施工を行えば問題ないことも多いですが、縦葺きに比べるとつなぎ目などの関係で雨漏りの可能性はやや高いと言われています。

ガルバリウム鋼板の種類とは?


続いて、ガルバリウム鋼板の種類についてご紹介します。

3-1 断熱材入りとそうでないもの

ガルバリウム鋼板には、断熱材一体型のものとそうでないものがあります。

一般的に瓦屋根などに比べて、金属屋根の場合は断熱性・遮音性が一つの課題になるため、少し費用が高くなりますが、断熱材一体型のタイプの屋根材が選ばれることは多くあります。

遮音性などの面でも、断熱材一体型の方が優れているため、雨音が気になるというような場合にも断熱材入りのものを選ぶのがおすすめです。

断熱材入りのタイプは種類も豊富で、色などによっても遮熱効果などが異なると言われています。

3-2 石粒つきガルバリウム鋼板とは

ガルバリウム鋼板の中には、表面に石粒を吹き付けたタイプのものがあります。ジンカリウム鋼板などと呼ばれることもあります。

通常のガルバリウム鋼板よりもデザイン性にこだわった屋根材で、おしゃれな洋風のお宅などでは選ばれることもあります。

断熱性、遮音性に優れており、表面にもともと加工がされているため、塗装のメンテナンスが必要ないなどメリットも多くあります。


ただし、費用は通常のガルバリウム鋼板に比べて高額で、経年劣化によって表面の石粒が剥がれてくるなどのデメリットもあります。

葺き替え工事のポイントと注意点


4-1 葺き替え工事でおすすめの屋根材は?

ガルバリウム鋼板への葺き替え工事を行う場合には、断熱材入りのタイプを選ぶのがおすすめです。

費用はやや高額にはなりますが、通常の住宅ではあれば冷暖房の消費を抑えたり、雨音などを抑えたりするなど、機能面でのメリットは大きいです。


縦葺きと横葺きでは、まずは屋根の勾配がどの程度あるかが重要です。

勾配が比較的大きくどちらの葺き方もできるという場合には、家のイメージ、工期を短くしたいか、などによって決めるといいでしょう。


4-2 施工業者を依頼する業者は?

屋根の工事を行う業者には実は様々な種類があります。

屋根の葺き替え工事などを専門に行う業者だけでなく、リフォーム業者、塗装業者、防水業者など様々です。

葺き替え工事を行う業者であっても、扱う屋根材によって、瓦葺き工という瓦屋根専門の職人がいる業者や、板金工という金属の加工などが専門の職人がいる板金業者などの種類があります。

ガルバリウム鋼板の葺き替え工事を行うのであれば、金属屋根の施工に特化した「板金業者」に依頼をするのがおすすめです。

4-3 業者選びのポイント

工事業者にはそれぞれ得意不得意がありますが、初めての工事では依頼すべき業者のタイプなどがわかりにくいこともあるので、できるだけ複数の業者に依頼し、対応や勧められた工事内容、見積もり金額などを比較するのがポイントです。

現地調査は、雨漏りの散水調査など特別な調査でない限り、無料でやってくれる業者が多いので、まずは現地調査を依頼してみましょう。


屋根コネクトでは、地域の優良業者のご紹介を行っております。

一括見積りで、最大3社までご紹介が可能ですので、相見積もりをご検討中の方や、業者選びでお困りのことがある方は、お気軽にご相談ください。


あわせて読みたい

屋根コネクトお役立ち記事一覧⇒こちら

私達がお客様の屋根工事を
最後までサポートさせて頂きます!

全国対応無料相談ダイヤル

土日祝日もOK! 24時間電話受付

電話番号0120-690-287

無料簡単見積を開始する

屋根の工事が完成したらお好きなギフト券をプレゼント!

当社がご紹介した優良工事店にて屋根の工事が完了しましたらお知らせください。ご成約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。ギフトカードは、Amazon、JCB、VISAの3ブランドの中からお選び頂けます。

※AmazonはEメールタイプのギフト券となります。

【サイトご利用上の注意】

※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。

※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。

※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。

※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。

※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。

※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。(受付期間:契約から6ヶ月間)

お好きなギフト券プレゼント