安心工事保証付き! 屋根の葺き替えリフォーム・修理業者の紹介サイト

加盟工事店募集中

電話番号0120-690-287

土日祝日もOK!

24時間電話受付

【初心者必見!全解説】悪徳業者や詐欺を見抜く!屋根修理・工事業者の選び方3つのポイント

本記事のカテゴリ

屋根お役立ちコンテンツ
工事業者の選び方

屋根コネクトお役立ち記事一覧こちら


屋根工事を行う業者の中には悪徳業者がまれに存在しています。

本来の工事額より高い金額を請求する、杜撰な工事をする、必要のない工事を薦める、無理やり契約させる、など、悪徳業者のパターンは様々ですが、屋根工事の知識がない一般の方を狙ったものや、台風などの災害の後の不安な気持ちを利用したものなど悪質なものが多く、騙されないために十分することが大切です。

今回は、悪徳業者や詐欺を見分けるポイントや騙されないための注意点をご紹介します。

悪徳業者の裏側全暴露!5つの危険な特徴


①突然、訪問営業をしてくる

②見積り内容が不透明

③現地調査で屋根に上らない、きちんと確認しない

④契約を急がせる

⑤大幅な値引きをする

①突然、訪問営業をしてくる

アポなしで「モニターになってほしい」「今だけキャンペーン中です」と言ってくる屋根修理業者や、急に家にやってきて「屋根が壊れているのですぐに直した方がいい」などと工事を薦める業者は、注意が必要です。

絶対にその場で契約はせず、まずはネットなどで業者名を調べ、実在する業者なのか、会社の規模や工事内容などを確認しましょう。

②見積り内容が不透明

積りに詳細が書かれておらず、工事一式などと記載されている場合も注意してください。また、見積もりへの質問への回答を濁す業者にも注意が必要です。

③現地調査で屋根に上らない、きちんと確認しない

現地調査の際、図面を見せていないのに屋根の上に登らない、またのぼっても面積や状況をきちんと確認している様子が無いなら、注意が必要です。

④契約を急がせる

見積りの後に契約をせかす業者も注意が必要です。工事の予定が多く入っていて、本当にスケジュールに空きがない場合もありますが、他社の見積もりと比較・検討する時間を与えないための場合もあります。

⑤大幅な値引きをする

初めの見積り金額から大幅すぎる値引きを行う業者は注意が必要です。 赤字になる工事をする業者はありません。手抜き工事や適した原材料を使用しない可能性があります。また、利益を不当に乗せていて値引きして安く見せる場合もあります。価格は適正価格になりますが、良心的ではありません。

その他

上記以外にも、台風などの災害のあとに頼んでもいないのに家にやってきて、ブルーシートをかけると言ってくる業者などにも注意しましょう。ボランティアを装って後から費用を請求するケースがあります。

少しでも不審に思うことがあったら、まずは周りに相談しましょう。

悪徳業者にひっかからないための3箇条


①即決しない!

考える時間をもらうことで、適切な工事かどうか、悪徳業者でないかを調べることが出来ます。

②見積書を比較する!

他の業者からも見積書を取り寄せることで、同じ工事でも金額が適切かどうかや、工程を省いた工事をされていないかがわかります。

③質問する!

工事内容や費用の内訳など、不明な点をきちんと説明してくれるかによって悪徳業者かどうか見分けることができます。また、明確に工事内容を知っておくことで、工事を安心して進めることができます。

結局屋根工事業者はどうやって選べばいいのか


①インターネットや一括見積り

②知人の紹介

③チラシや広告

④家を建てた業者の紹介

⑤自治体のHPなど

①インターネットや一括見積り

手間はかかりますが多くの業者をチェックすることができます。業者の良し悪しを見定めるのは難しいですが、一括見積りや紹介サイトを利用すれば、優良業者に出会える可能性も高いです。

業者をしっかりと比較して選びなら最もおすすめの方法です。

②知人からの紹介

始めて工事をする方にとっては最も安心感のある方法で、比較的おすすめです。ただし、業者にはいくつかの種類があり、得意分野もそれぞれ異なるので、自分の工事内容に適した業者かをよく確かめて依頼するようにしましょう。

③チラシや広告から探す

手間をかけずに依頼することができるでしょう。ただし、中小規模の業者などでは広告はあまり出さないところもあるため、見つけられる業者に偏りが出てしまう可能性があります。

④家を建てた業者の紹介

優良業者を紹介してもらえますが、仲介手数料がかかることがあります。

⑤自治体のHPなどから探す

台風などの災害の後には、自治体のHPなどで業者の紹介を行っていることがあります。安心して依頼ができますが、屋根業者だけでなくリフォーム会社や工務店など、専門以外の業者が載っていることもあるため注意が必要です。

下請けなどで工事をする業者であった場合、仲介手数料で工事費用が高くなる可能性があります。

【番外編】何が違うの?屋根修理業者の種類


①工務店〈大人数で修理〉

②リフォーム業者〈リフォームを専門とする業者〉

③塗装業者〈屋根塗装専門〉

④瓦の葺き替え専門業者

⑤板金業者〈板金を使用した箇所の工事がメイン〉

⑥防水業者

①工務店〈大人数で修理〉

工務店は大きなものから、小規模なものまで様々。大多数で屋根の修理を扱っていますが、専門に行っていないところも。専門外であれば、複雑な工事は下請けの会社に委託をします。

②リフォーム業者〈リフォームを専門とする業者〉

リフォーム業者によって、屋根の修理の得意不得意があります。もともと屋根の修理、リフォームの専門店が規模を大きくしてリフォーム会社になっている場合もあります。

③塗装業者

屋根の塗装専門の業者があります。塗装屋は塗装以外の工事の専門ができません。また、外壁塗装が専門という場合もあります。

④瓦屋〈瓦の葺き替え専門業者〉

屋根瓦の葺き替えが専門です。日本瓦だけでなく、スレート屋根材や、金属系屋根材の葺き替えも行えるところが多いです。塗装は専門外となる場合があります。

⑤板金業者〈板金を使用した箇所の工事がメイン〉

板金屋は板金を用いた屋根や外壁の工事を得意な業者です。屋根の簡単な修理、補修や雨どいの工事なども専門です。葺き替えは可能ですが、塗装はできない場合があります。

⑥防水業者

雨漏りの対策や防水工事を得意としています。屋根の修理全般や、マンションやビルなどの屋根の工事を請け負う場合が多くあります。

このように、屋根修理業者の中でも、会社の形態や成り立ちから、得意な工事や不得意な工事がある場合もあります。

自分のやりたい工事がある場合、その工事を専門とする業者に依頼するのが大切です。

あわせて読みたい

屋根コネクトお役立ち記事一覧⇒こちら

私達がお客様の屋根工事を
最後までサポートさせて頂きます!

全国対応無料相談ダイヤル

土日祝日もOK! 24時間電話受付

電話番号0120-690-287

無料簡単見積を開始する

屋根の工事が完成したらお好きなギフト券をプレゼント!

当社がご紹介した優良工事店にて屋根の工事が完了しましたらお知らせください。ご成約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。ギフトカードは、Amazon、JCB、VISAの3ブランドの中からお選び頂けます。

※AmazonはEメールタイプのギフト券となります。

【サイトご利用上の注意】

※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。

※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。

※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。

※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。

※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。

※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じて(上限金額無し!)キャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。(受付期間:契約から6ヶ月間)

お好きなギフト券プレゼント