屋根リフォーム・修理、葺き替えを地元の厳選した工事店に相見積り・比較するなら「屋根コネクト」お断り代行も無料で承ります。
無料24時間対応
地元の業者に一括見積もり依頼
0120-690-287

【初心者必見!全解説】屋根修理・工事の費用を抑えてDIY!自分でできる応急処置

DIY(「Do It Yourself」)で屋根の応急処置を安くしたい人必見!自分で修理できる場所と、修理にかかる費用を解説します。

DIYでできる!屋根・外壁の応急処置

応急処置に有効なDIYは、特に下記2種類の工事に利用ができます。

1.雨樋の部分補修

雨樋の一部が劣化して小さなヒビ割れが発生している場合、市販されている雨樋用アルミ製テープを覆うように巻くことで、一時的な処置が完了します。施工前に、テープを貼る箇所の汚れをしっかり落としましょう。

費用:300~600円/1箇所

雨樋の部分補修出典:http://kujitury.sakura.ne.jp/index.html

2.外壁のコーキング補修

外壁のコーキングが劣化していた場合、打ち替えか増し打ちの作業が必要になります。打ち替えは既存コーキング材を撤去しすべて新しくする方法、増し打ちは既存コーキング材の上から新しいコーキング材を足していく方法です。

費用:500~1,000円/コーキング材 1本

※その他、コーキングガンなどの備品が必要になります。

外壁のコーキング補修出典:http://field-tosou.ciao.jp/

コーキング補修を行う際は、外壁材とコーキング材の相性が悪い場合、施工後すぐに剥がれてしまうなど自分で行うにはデメリットが多い工法です。

費用内訳つき!DIY施工事例と失敗点

DIYを行った時の2つの事例を費用詳細とあわせて紹介します。

【事例1】台風の影響で屋根が破損
工事内容:台風の影響で破損してしまった屋根を、DIYで修理台風により、スレート屋根の一部にヒビ割れが発生。DIYでの屋根修理工事に挑戦したところ、一時的に凌ぐことができたが雨漏りが発生してしまった。業者に修理を依頼しDIY費+業者修理費がかかってしまった。
<DIY+施工業者:屋根(80㎡)への
屋根修理・工事の費用>
工事内容 数量 単価 価格
DIY
高圧洗浄機 1機 20,000円 20,000円
シーリング
ガン
1機 10,000円 10,000円
シーリング材 2本 500円 1,000円
養生テープ 1本 250円 250円
ハシゴ 1脚 10,000円 10,000円
屋根葺き替え工事
既存屋根材の
撤去
80㎡ 3,000円/㎡ 240,000円
下地補修 80㎡ 1,500円/㎡ 120,000円
防水シート 80㎡ 500円/㎡ 40,000円
ガルバリウム
鋼板
80㎡ 6,000円/㎡ 480,000円
その他工事 一式 50,000円
足場 80㎡ 800円 64,000円
管理費、諸経費 工事費用の5% 33,500円

合計:1,068,750円

※他、人件費など諸費用がかかります。

後から雨漏りが発生し、大掛かりなリフォームとなる屋根葺き替え工事が必要になった事例です。ヒビ割れ補修やスレート屋根の部分交換など、屋根材破損発見直後に細かいメンテナンスを業者に依頼をしていた場合、約15~30万円で施工完了になりました。

ここがポイントPOINT素人目では初期の段階でヒビ割れ以外のトラブルに気が付きにくく、後に大きなトラブルに発展することがあります。

また、台風などの自然災害による屋根破損の場合、火災保険の適用により修理費を抑えることができることがあります。火災保険の適用について詳しい業者へ相談をすると、手続きがスムーズに行えます。

【事例2】屋根の塗り替え
工事内容:経年劣化で金属屋根の色味が落ちたため、屋根塗装工事をした経年劣化により、金属屋根の色合いがくすんでいたため塗り替えを決めた。業者に見積もりをとったが、費用を抑えるためDIYで施工を行った。慣れない高所での作業だったため、業者ならば約2週間で終わる工事に、倍以上の時間がかかり施工不良が発生した。
<DIY:屋根(80㎡)への
屋根塗装工事の費用>
工事内容 数量 単価 価格
ローラー 3本 1,000円 3,000円
刷毛 5本 800円 4,000円
高圧洗浄機 1機 20,000円 20,000円
塗料 80㎡×1回 1,000円/㎡ 80,000円
ハシゴ 1脚 10,000円 10,000円

合計:117,000円

※他、天候に応じて備品が追加されます。
<施工業者:屋根(80㎡)への屋根塗装工事の費用>
工事内容 数量 単価 価格
高圧洗浄 80㎡ 200円/㎡ 16,000円
下地処理 80㎡ 300円/㎡ 24,000円
錆止め 80㎡ 400円/㎡ 32,000円
下塗り 80㎡ 500円/㎡ 40,000円
上塗り 80㎡ 2,000円/㎡ 160,000円
縁切り 80㎡ 300円/㎡ 24,000円
足場 80㎡ 800円/㎡ 64,000円
管理費、諸経費 工事費用の5% 18,000円

合計:378,000円

※他、人件費など諸費用がかかります。

本来2~3回塗り重ねる必要がある塗料を、DIYでは1回しか塗られておらず塗料の性能を十分に発揮できない仕上がりになっています。DIYと業者施工の大きな差は、工期と耐用年数です。

DIYのメリット&デメリット

1.メリット

1.費用が安い→人件費がかからず、材料費と必要備品の購入費のみで施工が完了するため、価格を抑えることができます。
2.応急処置に適している→業者のスケジュールに関係なく、異変に気が付いた時すぐに対応ができるため、応急処理に非常に適した方法です。

2.デメリット

1.高所作業は危険が伴う→高所での作業を素人が行う場合、梯子や脚立に上っての作業になります。足元が不安定なため、落下の危険性が非常に高いです。
2.日数がかかる→高所・工具へ慣れていないため業者の倍の時間がかかることがあります。

業者へ屋根修理・工事を依頼した場合、職人が複数人で行うため作業は短期間で終了します。天候状況によっては修理する箇所が増える可能性もあり、施工完了までに時間がかかります。

●主要屋根修理・工事の工期

工法 工期
屋根葺き替え工事 7~10日
カバー工法 6~8日
屋根塗装 10~12日
外壁塗装 10~12日
3.体調不良になる→プロでも夏場なら1日2kgは痩せると言われるほど、体力を消耗する作業です。熱中症などのリスクもあり、危険が伴います。
4.仕上がりにムラが出る→屋根修理では、塗装作業の前に破損個所の撤去や高圧洗浄、下地処理など、複数の工程が必要です。慣れない作業を行うことで、仕上がりにムラが出て、修理が不十分な箇所から新たな屋根トラブルに繋がる可能性があります。その結果、屋根全体の寿命を縮めることになります。
5.補償がない→屋根修理に失敗した場合、業者に任せていれば補償がつきますが、自分で行った場合は補償がありません。
あわせて読みたい

屋根工事大百科TOPに戻る

フォームで相談フォームで相談

複数業者に相見積りで
失敗しない屋根工事を!

最短20秒で一括見積依頼!

実績のある地元の優良業者を
ご紹介いたします。

フォームで相談 0120-690-287 24時間対応
フォームで相談 0120-690-287 24時間対応

「屋根工事大百科」屋根修理・外壁塗装を基礎から優しく解説

屋根修理・工事の費用と基礎知識

全国コネクトグループ支店一覧

お住いの地域を選んで、屋根修理・工事の費用、相場を知ろう

全国コネクトグループ支店一覧
【サイトご利用上の注意】
※お見積り依頼及び各工事店からのお見積り提示、各種お電話・メールでの相談はすべて「無料」になります。
※工事店の紹介数は最大3社、お客様のご要望に沿って最適な工事店を選定しご紹介しております。
※見積りは提携工事店よりお届けします。より正確なお見積りをお届けするため、詳細の確認で複数工事店からご連絡がいくことがございます。予めご了承ください。
※屋根コネクトでは、すでに工事店が決定されている方、最初から契約のご意思が全く無い方などへは、弊社登録工事店の紹介をお断りしております。
※提携の工事店には、過度な営業を控えるよう厳重な注意を行っております。評判の悪い工事店には即時弊社から登録を解除できるものとしておりますので、何か問題がございましたら弊社までご一報ください。
※屋根コネクト経由にて屋根工事のご契約をいただいた方へは、契約金額に応じてキャッシュバックとしてギフト券を贈呈しておりますので、ご契約が成立次第、規定のフォーマットにて申請くださいますようお願い申し上げます。
(注)当サイトからご紹介の工事店と成約いただいた方には、最大10万円のキャッシュバックとしてギフト券を差し上げております。 対象の方はキャッシュバック申請フォームから申請ください。申請が確認ができ次第、ギフト券を手配させていただきます。(受付期間:契約から6ヶ月間)
地元の業者に一括見積もり依頼
屋根コネクト
地元の業者に一括見積もり依頼