火災保険

火災保険で屋根修理を無料にできるのか!?

「屋根の修理を無料でできる」「火災保険で屋根修理費用がただになる」という宣伝文句を掲げるサイトがいくつかあります。掛け捨ての火災保険ですが、「風災補償」があれば屋根の修理に適用できる場合もあります。

実際に火災保険の活用を勧めている工事業者は少なくなく、屋根コネクトに登録されている工事店も火災保険の内容を熟知し、火災保険を適用した上での屋根修理が提供できる優良工事店が多数登録しております。

火災保険を利用する場合でも、工事業者を十分に比較し、選定することをおすすめしています。仮に工事をしても、適切な工事をしなければ状態が悪化する場合もあります。屋根コネクトでは業者を比較選定し、火災保険を適用した工事を行えます。

  工事業者A 工事業者B 屋根無料修理サイト 屋根コネクト
火災保険の利用
工事業者の比較 × × ×
工事の質

 

火災保険を適用できる場合

多くの火災保険では火災だけでなく、自然災害による被害も適用対象となります。屋根の修理に火災保険を適用できるのは風災補償というもので、主に以下のような項目による損害が対象となります。

  • 台風
    台風
  • 竜巻
    竜巻
  • 突風
    突風
  • 強風
    強風
  • 豪雨
    豪雨
  • 水害
    水害
  • 水害
    大雪
  • 雹
  • 落雷
    落雷

風災補償を備えた保険会社の一覧

風災補償を備えた保険会社の一覧

風災補償の対象となる屋根の損害は、火災保険の適用対象となります。ここでは、風災補償を含んだ火災保険を一覧にしてご紹介します。あなたの契約している 火災保険があり、風災の心当たりがある場合は、屋根の修理に保険を適用できるかもしれません。

詳細はこちら風災補償に対応した保険会社一覧について

火災保険の保険金申請から支払いまでの流れと注意点

火災保険の保険金申請から支払いまでの流れと注意点

実際の保険金の申請から承認、支払いまでの流れを確認します。

詳細はこちら火災保険の保険金支払いまでの流れについて

 

火災保険を適用できない場合

屋根の修理すべてに火災保険が適用できるかというと、もちろんそんなわけはありません。以下3つの場合は適用されませんので注意してください。

経年劣化による被害

経年劣化による被害

先ほどあげたような自然災害を受けた形跡はなく、老朽化によって屋根が傷んでいる場合です。この場合は当然火災保険の適用対象外となります。

地震による被害

地震による被害

地震は自然災害ですが、一般的な火災保険の風災には含まれていません。別の地震保険に加入している必要があります。ただし、地震によって発生した火事が隣から飛び火した場合は火災保険の適用となることもあります。

人的被害

人的被害

故意ではなくとも、人的な被害は自然災害ではないため保険の対象とはなりません。子供が遊んでいて、ボールがあたって屋根が剥がれた場合などがこれにあたります。

修繕できる箇所の例

火災保険の対象となる原因による被害の場合、以下のような修理をすることができます。

・屋根のはりかえ
・ずれた瓦の修繕
・スレート瓦のひび割れ修繕
・雨どいの修理

原因となる風災に心当たりがあり、これらの修理を考えている場合は火災保険の適用を検討するとよいでしょう。

本当に無料にできるのか?

工事を限定すれば無料にするのは可能

結論から言いますと、実質無料にできる場合もありますが、できない場合もあります。保険金がおりて、その金額の範囲内で可能な工事のみを行えば必ず無料にすることができます。

ただ、本来希望していた大規模な工事を行うにはご自身で費用を出さなければならず、そもそも保険の適用が承認されない場合など完全に無料にはならない場合もあります。

 

損害額の決定には厳正な審査がある

自動車保険などと違い、火災保険の風災補償は見積もりをベースにして金額を決定します。その際、保険会社側から選任された鑑定の専門家が見積り内容と現地の確認を行います。

悪質な見積り業者が増えてしまった影響もあり、審査は非常に厳しいため、見積り金額の全額が風災補償の対象として認められない場合もあります。正当な申請なのに認められないといったことのないように、鑑定の専門家に理解されやすい資料を提出する必要があります。

火災保険の利用をお考えの方は、屋根工事の専門業者の中でも火災保険についてノウハウや経験があるところに、見積りを依頼するのをおすすめします。

火災保険を用いるデメリット

火災保険を使って屋根修理を行う際のデメリットとなるのが、時間がかかることです。

請求完了日から30日が支払期限というのが一般的です。請求完了日というのは、保険の申請に必要な書類の提出がすべて終わった日になりますので、修理の見積りをとった日から数えると、2か月くらいはかかると考えたほうがよいでしょう。

無料工事サイトの注意点

工事業者を選べるのか?

工事業者を選べるのか?

「火災保険で無料屋根修理」をアピールしているサイトはいくつかあります。

説明してきたように、火災保険を適用できる場合もあるので、そのすべてが嘘というわけではありません。注意してもらいたいのは「工事業者を選べない」という場合が多いことです。

そういったサイトは、火災保険の審査通過率の高さと無料を強調していますが、屋根の修理をする工事業者を比較して選べない場合がほとんどです。もし無料で修理できても、またすぐに雨漏りが見つかり工事が必要になったら、本末転倒ではないでしょうか。

屋根コネクトは優良な工事業者を比較して選び、屋根の修理をすることをおすすめします。

不当な手数料はとられていないか?

不当な手数料はとられていないか?

まれに、保険申請の代行手数料をとるところもあります。申請には手間がかかりますが、その割合が高く実際の修理費用にお金をかけていないといった悪徳業者もあるようです。

契約の際にはこういった点も注意したほうがいいでしょう。

屋根コネクトでは火災保険を利用した修理も可能です

屋根コネクトに登録されている屋根工事業者には、保険申請の手続きを得意とする優良業者もあります。

あなたの屋根が風災補償の対象となる心当たりがあれば、相談・見積りをすることもできます。そういった業者を比較して選定することで、工事の質を第一に考えながらも、価格を抑え火災保険も十分に活用した屋根の修理を行えます。

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。