屋根の葺き替え工事の流れ

金属屋根の修理/メンテナンス

屋根の葺き替え工事は、屋根の工事・リフォームの方法の中で最も大規模な工法です。既存の屋根材をはがし、場合によっては下地の補修も行い、新しい屋根材を葺きます。当然、かかる工数も多くなります。ここでは、葺き替え工事の中でも近年人気のある瓦から金属屋根への葺き替えの流れをご紹介します。

1、既存屋根材の撤去

既存の屋根材である瓦を撤去していきます。取り外した瓦は重ねて整理します。屋根の上は傾斜があり、不安定です。重量のある瓦の落下は非常に危険なので細心の注意を払います。

1、既存屋根材の撤去

2、葺き土の撤去

古い建築では屋根の下に葺き土と呼ばれる土を敷いています。葺き土は粘土が高く、瓦をくっつける役割を果たしています。葺き替えの際は、この葺き土も一緒に撤去します。

2、葺き土の撤去

3、下地の状況確認

下地の傷みや腐食の状況を確認し、修繕を行っていきます。

3、下地の状況確認

4、野地板の補強

野地板を既存の板に重ねて貼り、補強を行っていきます。屋根の強度を高めることができます。釘やビスを屋根の骨組みにとめて、固定していきます。

4、野地板の補強
出典:http://www.kimurabankin.net/

5、防水シート(ルーフィング)の貼り付け

防水シートを野地板に張り付けていきます。軒先から棟に向かって、隙間なく並べます。雨の浸入を防ぐためにも欠かせない大切な工程となります。

5、防水シート(ルーフィング)の貼り付け

6、屋根材の設置

新しい屋根材を張り付けていきます。ルーフィングと同様に、軒先から棟に向かって貼り付けを行います。

6、屋根材の設置
出典:http://www.kimurabankin.net/

7、棟板金の設置

棟部分に板金加工を行います。棟は雨水が入りやすい場所です。丁寧に設置し、シーリングを行うことで防水対策を行います。

7、棟板金の設置
出典:http://www.kimurabankin.net/

  • \最大10万円分のキャッシュバック(注)/
  • 屋根見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの5つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての屋根工事で不安な方、屋根工事の価格が適正なのか心配な方、施工店選びに困っている方は屋根コネクトにお任せください。